今週のヒーロータイム

すっかり暖かくなりましたな……
 
 
HUGっと!プリキュア 10話「ありえな~い! ウエイトレスさんは大忙し!」

タイトルからは想像もつかないほど重い流れになるお話。

応援だけなら誰でもできる。その応援でさえ、時に重荷を与えてしまうことがある。
では一体、何ができるのか? 何がしたいのか?
ここまでの間、はなに突きつけ続けられてきた負の流れがここで一気に奔流となった感じです。
それぞれの得意分野を活かして仕事に活用していたほまれやさあやと自分を比べてしまい、
自分には何も無いという思いが噴き出したのです。これは、もともと持っていた劣等感でしょう。

結果、プリキュアになれないという事態にまで発展してしまいます。あんたは石田ヤマトか。
こうなると、決め手に欠けるアンジュやエトワールではオシマイダーを倒しきれません。
なぜなら、キュアエールこそが最も大きなアスパワワを放出できるからです。
プリキュアとして最も大切なことは、自分の未来を信じられるかどうか。
挫折を経てもなお、信じようとすることができるかどうか。ここが最初の正念場ですな。

それにしても、あんな赤子のうちからオシマイダーを瞬殺するとは…はぐたん恐ろしや。
その代償も大きかったわけですが、一体何者なんでしょーね。
ハリーは何か知ってそうなんですけども。
 
 
 
仮面ライダービルド 30話「パンドラボックスの真実」

特に真実というほどのものは明かされなかった気がするお話。
火星を滅ぼしたのはパンドラボックスだそうですが、これは別に意外なことでは全然ないし。
それよりも「エボルト」という単語が気になります。個体名なのか、それとも複数の総称なのか。
マスターは何か知ってそうですが、この人も実は乗っ取られてるパターン…?

そしてここに来て、急激に龍我へスポットが当たりはじめています。
言われてみれば異常なハザードレベルの上昇スピードといい、布石はあったんですねぇ。
ただの「才能」だと思って見過ごしてたんですが、ちゃんと意味があったわけだ。
マスターが時として龍我の成長に強く拘っていたのは、それが理由なのか……

次回、さらなるパワーアップを遂げるという龍我=クローズ。
一体、マスターは龍我のハザードレベルを鍛えあげて何をさせようというのでしょうか。
火星の王妃によれば、龍我が最後の希望なのだそうですが……

ところで、幻徳は西都が約束を守るとばかり思ってたようですね。意外なほど素直だ。
体内に何か爆弾を仕込まれてるようですけど、彼もこの現状を良しとはしてなさそう。
 
 
 
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 9話「もう一度会うために」

ゲストに正体がバレるお話。
エマ・ゴルディーニというその女性に迂闊にも会話を聴かれたからですが、カンの鋭い彼女は
魁利の兄が深刻な状態にあることも気付いており、持ってたコレクションを譲ってくれました。
これによってギャングラーに付け狙われる心配もなくなるので、彼女にもメリットはあります。
魁利の境遇と覚悟に自分を重ね合わせ、結果的にはエマ自身も一歩を踏み出すキッカケでした。

その一方、乱戦の中でギャングラーの持つコレクションが破壊されてしまいます。
コレクションを揃えることができなければ、もはや願いを叶えることもできないわけですが
パトレン側はそれを知らないし、彼らにとってコレクションの確保は任務じゃないんですよね。
いずれこういう問題は起こり得た、というわけですな。

さて、ここで何話か前にデストラが動いてた案件が思い出されます。
あの時彼は「自分たちのコレクションと戦隊側のコレクションが何か違う」と言ってました。
事態を切り開くカギはやはりこのあたりですかねぇ……
あの話で絡んでたザミーゴが、次回で表舞台に出てくるのも気になります。さあどうなるか。
 
 
 
ゲゲゲの鬼太郎 2話「戦慄! 見上げ入道」

ねずみ男とねこ娘が本格登場。
砂かけに子泣き、一反木綿にぬりかべも登場しますが、こっちは顔見せに近い段階。

前回ラストに矢で射られた鬼太郎ですが、霊毛ちゃんちゃんこのお陰で事なきを得てます。
それでも失神するほどでしたから、矢には相当の霊力が込められていた模様。
一連の出来事を経て、まなも鬼太郎のことが気になりはじめています。
妖怪を完全に信じたためか、見上げ入道のこともハッキリ認識していたように見えますね。

どういうわけか、今期は八頭身のねこ娘。成長したという設定なのか、デザインなのか。
それでいて服装は従来のものに近いので、奇妙なアンバランスさがあります。
性格はドのつくツンデレになってますが、相変わらず鬼太郎に好意を抱いてる様子。
一方でまなに手放しで賞賛されると照れたり、割と調子のいいところもあるみたいですな。

金に目がくらんで、見上げ入道に手を貸していたねずみ男。こっちも相変わらずです。
花を蹴っ飛ばす場面を見る限り、今期はどちらかというと敵役寄りな立ち位置ですかね。
小者すぎて憎めないのは変わらないけど。

それにしても、あのフードの男は何者でしょうか。悪魔絡みっぽいですが。
悪魔くんネタも混ざってきたり…とか?

今週のヒーロータイム

今日はエイプリルフールなのですが、特にネタは思いつきませんでした。ごめん嘘。
 
 
HUGっと!プリキュア 9話「丘をこえ行こうよ! レッツ・ラ・ハイキング!」

レッツ・ラ・クッキングではありません。

やたら存在感のある新キャラ、愛崎えみるが登場。ことりのクラスメイトだそうです。
中の人は田村奈央さん。ワートリの千佳を演ってた人ですね。
キャラが濃すぎるし扱いが概ねゲストなので、さすがにこの娘が四人目ってことはない…と思う。
一応プリキュアの活躍を目撃してはいますし、名前もなんかそれっぽいですけど。

今回のパップルは先週言ってた通り完全にオフで、仕事をする気はなかった模様。
消去法みたいにサルとキュウリを合わせてオシマイダーを作ったものの、あっさり倒されてます。
現状、この人よりルールーが出してきたオシマイダーの方が強いような……

ハリーは今回なぜか妖精態のままでした。
場にかかわらずフツーに喋ってましたが、聞こえないようにコメントしてたんでしょう…たぶん。
 
 
 
仮面ライダービルド 29話「開幕のベルが鳴る」

折り返し地点を迎え、OPが大幅差し替えとなりました。
味方サイドからマスターが姿を消して代わりに猿渡と、そして紗羽が加わるようになりました。
彼女もこれで晴れて本当のライダー組になった、ということなのでしょう。

約束を守らないばかりか、中継を行わなかったことを利用して結果を捻じ曲げる難波。
なんとも悪党です。おかげで、こいつさえ排除すればだいぶ状況がマシになる雰囲気に至りました。
残ってるのがマスターだけになれば、やるべきことはかなり絞られてくるはず。
あ、あと幻徳もいるけど。

焦って北都の仲間を助けに行こうとしていた猿渡ですが、龍我と美空の説得や戦兎の宣言に心を動かされ、
改めて共に戦う決意を固めています。息のあった連携の前には、ヘルブロスも既に敵ではありません。
雷が美空を人質に取ろうとしたものの、それはフラグというかトリガーでしかありませんでした。
美空がスカイウォールに近づくことで、バングルが反応しやすくなるのでしょうか。

そして、美空に宿った何者かはなんと火星の王妃だといいます。
かつての火星で一体何が起きたのか。そして何故、マスターらはそれを再現しようとしているのか…?
 
 
 
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 8話「快盗の正体」

結論から言えば、正体バレまではいきませんでした。
レッドの分身にブルーとイエローの扮装をさせ、透真と初美花がアリバイを作ったのです。
魁利はといえば、なんとコグレが変装して誤魔化していました。この爺さん、いったい何者?
実はこの人自身が…ってオチだったりする? 少なくとも、いろいろ隠してることが多そうです。
主に販促の都合で(ミもフタもねえ)。

ニセ情報でルパレン側を誘い出し、正体を探ろうとしてたパトレン側ですが見事に空振ってました。
つかさのカン自体は正しかったのですが、ルパレン側にうまく躱された格好です。
その過程中、ジムが今までで一番しゃべってました。お茶目です。これはもう実質ジム回では…?
あとナゾナゾが想像を超えるレベルで高度でした。ちょっとこれは驚きましたね。

新規の怪人はなし。幹部のゴーシュと戦闘員だけで回すという、予算削減気味な回でもあります。
ゴーシュの能力とは一体? コグレは明らかに何か知ってそうですが……
 
 
 
ゲゲゲの鬼太郎 1話「妖怪が目覚めた日」

日本一有名な妖怪漫画、ゲゲゲの鬼太郎が帰ってきました。10年ぶりにして実に6期目です。
これほど長い間愛される作品になるとは、水木先生も草葉の陰で喜んでおられるでしょう。
「またウチにお金が入ってくるな、むふふふ」と。

ダークな体裁で中身は少年漫画だった五期と違い、今回はかなりホラーへ寄せてますね。
五期当時はまだ世間に浸透してなかったスマホを象徴的に扱い、時代の変化をアピールしてます。
注目を集めるためだけに酷いイタズラをしたり、他人に迷惑をかけるという、
人のどうしようもない側面を初回の段階から露骨なまでに真っ正面から描いていたりもします。

キャラデザインはさらに今風にアレンジされました。猫娘がでけえ。
また、ユメコ以来となる人間レギュラーの犬山まなを登場させるという挑戦も行われています。
しっかり者で気の強い彼女ですが、あの転びやすさは果たしてただの偶然なのでしょうか。
OPを見る限り、どうも何かに狙われてる気配があるのですが…

初回から樹にされたり、矢に射られたりと今期の鬼太郎はいきなり飛ばしてますね。
何事もなかったかのように次の妖怪が予告されてたので、あっさり復活しそうですけど。

あ、野沢さんの目玉おやじは想像以上にいい感じでした。さすがだ……

今週の円谷劇場

ウルトラマンレオ 22話「レオ兄弟対怪獣兄弟」

兄弟怪獣ガロン&リットル登場。
そしてレオの弟、アストラが初登場するエピソードでもあります。

まずはガロンのみが登場。
ダン隊長はレオなら簡単に勝てると見てましたが、いかんせんMACでは太刀打ちできません。
結果、前半戦だけで甚大な被害が出ています。MACはホントに殉職者が多いな……

間の悪いことに、ゲンは大村から子供が逃げ遅れたと聞かされて助けに向かっていました。
生死の境をさまよう弟。兄を励ますゲンの話の中で、初めてアストラの存在が明かされています。
しかしその間にますます被害が広がってしまっており、これをダン隊長に指摘されることに。
MACの隊長としては本来レオに頼りたくはない、という複雑なセリフも。

兄弟をダン隊長にまかせ、レオに変身してガロンに立ち向かうゲン。
隊長の予測通り、タイマンならガロンはレオの相手になるほど強い怪獣じゃありませんでした。
ところが、そこにもう一体の怪獣が… 頭部と色が異なるだけで、その姿はガロンそっくり。
そう、ガロンの弟リットルが兄のピンチを知り、助太刀に現れたのです。

さらに悪いことに、病院が攻撃を受けそうになったことでレオは冷静さを失ってしまい、
ガロンを放置してリットルを攻撃。結果、兄弟怪獣の合流を許してしまいました。
兄弟怪獣は二体揃ったことで真価を発揮し、巧みなコンビネーションでレオを追い詰めます。
左腕を負傷してしまったレオは一気に押し込まれてしまい、ボコボコにされる憂き目に。
やむなくダン隊長が使ったウルトラ念力でその場は凌いだものの、思わぬ痛手となりました。

ゲンは燃えさかる炎の中、必死に弟を助けようとする兄の姿を自分に重ねていました。
アストラはL77星が滅ぼされた時、必死の救助にもかかわらず行方不明になっていたのです。
この時点では、ゲンも弟は死んだものと諦めていたのでしょう。

やがて、再びガロンとリットルが現れます。
レオが現れることを警戒してか、一体で行動するのはやめたようです。抜け目ない連中だ。
これに再び立ち向かうレオですが、傷も癒えぬままでは苦戦は免れませんでした。

そこへ突然、レオによく似たウルトラ戦士が現れます。
この戦士こそがアストラ。死んだものと思われていた、ウルトラマンレオの弟なのです。
二人は合流するや、久々とは思えないほど息のあった連携でたちまち形勢を逆転。
ガロンとリットルを完全に手玉に取り、ウルトラダブルフラッシャーで決着をつけました。
あの兄弟も元気を取り戻し、これにて一件落着。

戦い終わって、どこへともなく去ってゆくアストラ。
宇宙を巡って仲間の生き残りを探してるとも、パトロールをしてるとも言われますが
レギュラーにはなりませんでした。Wウルトラマンは当時扱いづらかったんですかね。
今の作風だったら人間態が出たり、ゲンを何かと手助けしたりしそうなんですが。

ちなみに大村はだいぶ久々の登場なんですが、出番はこれで終わりなんだそうです。
コメディリリーフでもあったんですけど、いまいち活用しきれてなかったからなぁ…
今回も何かと状況説明してましたけど、正直だいぶウザかったです。

アイドルと黒豹と沖縄とシロツメクサ

プリキュアスーパースターズを見てきました。
ここ最近に見た映画と一緒に語りたいと思います。

続きを読む

今週のヒーロータイム

 
3月最後のヒーロータイム。
 
 
HUGっと!プリキュア 8話「ほまれ脱退!? スケート王子が急接近!」

なかなか癖の強い新キャラ、アンリが初登場。
女子用の服も「似合っていれば何の問題もない」と平気で着こなすなど、時代の変化を感じます。
まさかゲストじゃなくてセミレギュラーに落ち着くとは思いませんでしたけど。

ほまれを連れ戻しに来たというアンリを納得させたものは、やはり氷上の演技でした。
こういう場合、言葉よりも演出が説得力を持つのはよくあることです。
つくづく、人を動かすものって「正しさ」じゃないんだなと思わされますね。
前期の映画連動回のときも同じことを思ったものです。

そのアンリに「無責任」と言われたはな。
今は彼女の応援がほまれの力になっているから良いとして、はな自身は思うところあるようです。
…って、あの美中年は誰…? ものすごくラスボスっぽい圧を感じるんですけど。
そう見せかけて実は味方な岡田枠という可能性もありますが。
 
 
 
仮面ライダービルド 28話「天才がタンクでやってくる」

なるほど、沙羽の方から事前に打ち明けていたのですね。
人質まで用意するとは、難波も沙羽を命令だけでは縛れないと既に感づいていたようですけど。
そして盗聴器を仕掛けたのが沙羽じゃないってことは、赤羽の死と彼女には直接的関わりが無い?
ともあれ、即死亡なんて事態にならなかったのは幸いですな。

紆余曲折を経て、ようやく登場したタンクタンクフォーム。
圧倒的攻撃力と防御力でローグを全く寄せ付けず、勝利をものにしました。久々の快勝です。
幻徳としては話の都合とはいえ、解析してるはずの相手に数時間粘られた挙句、予想外の事態になると
ろくに粘れずにボロ負けしてしまった形です。
…厳しいことを言うようですが、あんた結局何も変わってないよ……

ある意味予想通りですけど、難波は約束を守る気ゼロ。
猛反対してた御堂は曲がりなりにも西都代表、少しだけ見直しましたがそこが確かに彼の悪としての限界。
満を持すかのように登場したスタークによって、あっさり退場させられてます。短い夢でしたね…
このぶんだと、北都首相もとっくに消されてそうな気がするなぁ。

かくして、物語は新局面を迎えつつあります。
とはいえ構造としてはわかりやすくなってきてるし最終フォームの登場も近いと思うので、
これまでほど戦兎が悩んだりするような展開にはならないかもしれませんね。
 
 
 
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 7話「いつも助けられて」

初美花回。魁利と透真がギャングラーに呑み込まれ、その際に庇われたことから
過去のトラウマを刺激されてしまい、彼女は気力50にまで落ち込んでしまっています。
コグレの励ましとアドバイスで立ち直るんですが、去り際のコグレのセリフが引っかかりますねぇ。
この人、コレクションさえ戻ってくれば他はどうでもいいんじゃ…それとも情が移らないようにしてるだけ?

一方の魁利も、、初美花を庇ったのは透真からすると「らしくない」事だったようです。
その件についてツッこまれると「たまにはいいんじゃないか」とはぐらかしていましたけど
これは何かの布石っぽい印象ですね。彼は彼で「現場にいなかった」ことがトラウマなのかな。

他にも快盗が被害者たちを助けていたと知り、思わず戦いの手を止めてレッド達の方を見る1号や
やり取りからルパンレンジャーの正体に気づきかけるつかさなど、見どころがいくつもあります。
次回で早くもバレるのか、隠し通してひとまず目がそれるのか。目が離せませんな。
 
 
 
ドラゴンボール超 最終話「奇跡の決着! さらば悟空! また会う日まで!!」

まさかまさかの17号が優勝、というオチでした。
ジレンも既に体力の限界だったので、最後は悟空とフリーザのタッグで相打ちに持ち込むという結果。
ここまで来てまたちゃんと勝てなかった悟空ですが、今回は納得できる方だったかも。
ジレンにただ勝つのではなく、悟空が連れてきたあの二人が貢献してこそ意味があったわけですか。

17号の願いは他の宇宙の復活でしたが、これは視聴者どころか全ちゃんも予想してたことみたいです。
最初っから全部もとどおりになるとわかっていたから、躊躇いなく消せたのか…
良くも悪くも神様っぽい考え方だなぁ。命ってものへの価値観が違いすぎるというか……

貢献が認められ、フリーザはドラゴンボールを使うまでもなく復活。えっウィスさんそんな事まで…?
相変わらず悪いことする気満々みたいですから、こいつ野放しにしといて大丈夫なのかとは思いますが
派手に動けば正しく秒単位で悟空が飛んでくるうえにビルス様にも目をつけられてるとなると、
そうそう表立って妙なことはできない…のかもしれません。
というか今さらこの人が何かしても、すでに茶番以外のなにものでもないしなぁ…
上位神が出てきたことによる弊害ですね、これは。

すでに映画も決まっており、本編としても続きは容易に作れそうな終わり方。
コケるどころかここへ来て異常に儲かってるみたいなので、こりゃそう簡単に終わらせてもらえなそう。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード