今週のヒーロータイム

 
あちこちに夏の雰囲気が横溢していますね。

 
ヘボット 41話「ヘボ流・大脱走」

監獄の名前が安直すぎるお話。識別灯を振る場面のパロディもあります。
でもアレって脱走するんじゃなく、潜り込むほうじゃなかったでしたっけ……
他にもあれこれネタがぶっ込まれてるはずですが、目についたのはそのあたりですね。

ボキャ美のスタンスはブレまくってるようでいて、基本がヘボットなのでブレてませんね。
あとチギルは今回白くなりすぎだったような。最後には業を煮やしたペケットに蹴られたし。
 
 
 
宇宙戦隊キュウレンジャー 22話「伝説の救世主の正体」

キュウレンジャーの地球が少なく見積もっても現代の300年後くらいと判明したお話。
鳳ツルギ自身の設定ともども無理がありすぎますが、ツルギが大物であることだけは確かな模様。
ドン・アルマゲを一度はひとりで倒したほどだし、戦士としても最強の名を恣としています。
性格にはかなり問題がありますが……ラッキーと全く別の意味で無軌道すぎる。

そのラッキーは現状、ツルギを快く思ってはいないようです。
これまでの戦いを軽視するかのようなオレ様ぶりもさることながら、人々の安全よりも
自身の目的を優先する姿勢など、反発の材料はあちこちにありますね。
ツルギはツルギで、キュウレンジャーのあり方に危うさを感じているというか
寄せ集め集団と見てますが、ラプターとスパーダの奮闘で最初よりは印象を改善させたようです。

バトルでは、ホウオウソルジャー専用のホウオウボイジャーが初登場。もちろんロボになります。
衛星との合体分離により、見た目以上に芸達者な戦いぶりを発揮していました。
例年と照らし合わせるなら、ツルギこそが従来の追加戦士枠といったところでしょう。
……さすがにもう増えないよな? スポット参戦はアリとしても。

敵方にはなにやら副将軍が集まりつつあります。向こうもいよいよ本腰ですか。
もっとも警戒していたツルギが復活した今、形振り構ってられなくなったようですね。
それにしても、ドン・アルマゲはなぜ復活したのでしょう。まさか、まだ上の存在が…?
 
 
 
仮面ライダーエグゼイド 40話「運命のreboot!」

やはり、パラドはあの時永夢に救助されていたようです。
その際に死の恐怖を実感したことで、ようやく過ちを悟ったパラド。ついに仲間となりました。
まさかこの男から「ごめんなさい」の言葉が飛び出すとは……
なんか永夢が黙ってるせいで他のメンバーがベルト取られたりもしてますけど。先に説明せい。

しかしクロノスの能力は厄介すぎますね。まさかリセット技まで使えるとは……
次回ゲムデウスも出てくるみたいですが、これもしかしてグラファイトが乗っ取られる展開?
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 24話「転校生は妖精キラリン!?」

OPの絵が変わりました。
新カットをふんだんに入れてOPのバージョンまで変えた前年にくらべ、大人しめな改変です。
まあ去年が別格に気合入れ過ぎだったのは確かですが。
シエルの後でいきなり仮面ジュリオが入ってきて吹いたのですが、これって何かの伏線?

そのジュリオですが、死んだわけではなくいちご山地下の祭壇で傷を癒しているようです。
まだ会話できる状態ではないものの、シエルが心機一転する動機づけにもなった模様。
まぁさすがに、あのまんま退場するとは思ってませんでしたよ。
それより、復活しかけたところをノワールにまた利用されないか心配になってきました。
もっとも、ノワールからすれば「手を貸している」という認識かもしれないけど。

さてビブリーの敗北を受け、新たな幹部・グレイブが現れます。中の人はオーガモン。
描写的にも佇まい的にも、これまでの敵より一段ランクが上っぽいです。
一方で人形を作っていたり、見かけによらず手先が器用な一面があるようですね。
敵幹部は皆、何らかの形で「ものを作る」ことに拘りがあるのかもしれません。

もう一人の新顔、エリシオ役をつとめる平川大輔さんの方はシリーズ初登板です。
この人の声もだいぶ耳に馴染んできたなぁ。
 
 
 
ドラゴンボール超 100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!!」

ケールが大暴走するお話。
そのトリガーとなったのは、悟空とのバトルに水を差されて鼻白む姉の姿でした。
カリフラと悟空はわりに気が合うみたいなので、楽しそうに見えてしまったのでしょう。
どんだけ姉さん大好きなんでしょうか。なんてめんどくさい人だ。

生来の気弱さを反動とするかのように、暴走ケールはブルーに伍する凄まじいパワーを発揮しています。
闘争本能と殺気のみを表出させた姿は、サイヤ人の最もプリミティブなあり方かもしれません。
ただし潜在能力に反比例して、制御はまるでダメみたいですが……ちょっと昔の悟飯っぽいですね。
この手のタイプって困ったことに、制御を会得すると途端に弱くなるんだよなぁ。

結果だけみれば、ケールは見事にジレンの噛ませとされた形です。落ちてはいませんが復帰は困難かも。
恐らく今の悟空では、ジレンに勝つことはできないでしょう。ヒットですらあっさり倒されかねない。
さすがに本格対決はまだでしょうけど、プライドトルーパーも攻勢を強めてくるようですね。

乱戦の中、危なげなく勝ちを稼ぎつつ味方のフォローまでするヒットの活躍が光っていました。
真剣勝負を楽しむ心は持ちつつ、必要とあれば迷いなく撤退を選べる冷静さも彼らしさですね。 
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード