今週のヒーロータイムT

ウルトラマンタロウ 36話「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」

泣かせるようなことが起きたというだけで、実際には花嫁は泣いていないというお話。

ねこ舌星人グロスト登場。グロスト星系JA52番星出身だそうです。
のちに登場した強豪宇宙人、グローザ星系人と種族的には近い連中なのかもしれません。
もっともグローザ系の方々と違い、熱には極端に弱いというウイークポイントがありますけど。

グロストはカタン星人が退治された日の夜、建設中のマンションに入り込んで現場の人々を操り、
手駒として働かせていました。ここを足がかりに、いずれは街じゅうを乗っ取る気だったのでしょう。
その被害者のひとりが、現場主任と思しき岩坪です。
岩坪は清彦少年の姉、陽子の婚約者でした。グロストがマンションに入り込む瞬間を見たのは
清彦少年だけだったので、警察もZATも本気にしてはくれません。

なぜかというと、グロストと岩坪たちはZATの探知に全く引っ掛かっていなかったのです。
カタン星人の騒ぎの影にまぎれて潜入したのもさることながら、隠密能力に優れているのかもしれません。
そのわりに岩坪たちはなんか普通に働いていたので、何がしたいのかいまいちよくわからんのですが……
だいたい、あんなに熱に弱いのなら何でもうちょっと寒い星を攻めようとか考えないんでしょうか。
しかも手ゴマの岩坪たちにまで弱点が伝播してるし。

ひょっとすると、グロストの意志というよりかは何者かの依頼か指示だったのかもしれませんね。
一説によればテンペラー星人が怪獣・宇宙人軍団の裏で糸を引いていたということなので、
敗退の腹いせとして配下を次々と地球に派遣しているという背景があるのかもしれません。
カタン星人の行動とあまりにタイミングが合いすぎていることといい、なんらかの作為は感じますね。

今だから言えることですが、あるいはグローザムの指示だったりするのかもしれませんね。
熱に弱いという難点はあるものの、ウルトラ戦士が低温に弱いというのも事実。
つまりテンペラー星人の指示ではなく、もっと上の意志が働いていたという可能性ですね。
まあ、本格的に動く前に発覚して退治されちゃったってところでしょうか。

すったもんだあってグロストは倒され、岩坪たちも無事に救出されるのですがマンションは全壊。
花嫁である陽子が泣いたとすれば、この事実によるものだったと考えるしかありますまい。
岩坪と結婚した暁には、そのマンションに引っ越す予定だったのですから。

ひとり真実を知って奮闘する清彦少年と、彼を追いかける岩坪たちの描写も印象的な一篇です。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード