今週のヒーロータイムT

ウルトラマンタロウ 22話「子連れ怪獣の怒り!」

カンガルー怪獣パンドラと、その子供チンペが登場。
元はどうやら地下にある「怪獣たちの世界」とやらに暮らしていたらしいのですが、
時折地上に出てきては餌をあさっていたようです。怪獣なんで幹ごと引っこ抜いてパクついてました。

騒ぎになってなかったのは草食なので人里に現れていなかったのと、幸運が重なったからですかね。
あとはひょっとすると、地上に出てくる機会そのものがそんなに多くなかったとか。
ZATも全く存在に気付いてなかったところをみると、ちょうど監視の穴に出没していたのかも。
もともと、パンドラたちがいた周辺には人の方もあまり立ち入らないみたいですし。

しかしそこは怪獣、ただ現れただけで人を驚かせたり危険に巻き込んでしまいがちです。
劇中では不運にも新婚夫婦に遭遇し、妻の優子が崖から落ちてしまいました。
ところが、その優子を助けたのもまたパンドラ親子だったのです。
パンドラが薬草を調合し、体の小さいチンペが優子の足へ塗布する連係プレーを見せてました。

ここから、極めて高い知性と人間を含め、傷ついたものに手を差し伸べる優しさを持つことがわかります。
優子の方もすっかりこの親子と意気投合し、今回のことが不運な事故だと完全に受け入れていました。
怪獣だからといって偏見を持たないのは世間知らずというより、ある種の才能かもしれません。
そんな彼女でも最初は死ぬほど怯えたといいますから、いかに怪獣が恐れられているかわかろうというものです。

さて、仲間を集めて妻の仇を討とうとする優子の夫・藤波。
彼はもともとハンターで、数多くの動物を狩ってはコレクションしているという男でした。
どうも優子の方はそんな側面を知らなかったっぽいので、金持ち同士のスピード結婚だったんでしょうかね。
なんせ軽井沢で結婚式を挙げるなんて優雅なことができるくらいですし。

そんな藤波たちの計略によってパンドラは傷つき、チンペが射殺されてしまいます。
自分が射たれても逃げるだけだったパンドラですが、子供を殺されたとあって怒りに我を忘れました。
こうなるともう、藤波の方は成す術もありません。優子を連れてただ逃げ回るしかない。
この手で妻の仇を取りたいと息巻いてましたが、いくらなんでもあまりに無謀でした。

色々あってタロウの登場となりましたが、パンドラは彼が苦戦するほど強い怪獣じゃありません。
かと言って、このまま始末するのはあまりに不憫。優子の訴えもあって、タロウはチンペを蘇生させ
パンドラの傷も治してやっています。再会を果たした幸運な親子は、すぐに地下へと戻ってゆきました。
地下からの出入り口はZATが封鎖したので、二度と人目につくところには現れないそうです。

互いの領域を不用意に侵し、結果として血みどろの衝突を呼ぶ愚かさが描かれたお話でした。
うっかり自分の領土から離れすぎたパンドラ親子にも問題はあったでしょうが、今回に関しては(も?)
残念ながら人間側のほうの責任が大きいと言うしかありません。
パンドラが優子を傷つけたのは事故ですが、藤波は明確な殺意をもってチンペを射っています。
先に優子の無事を聞いていながら、彼女の話を聞くよりも己の復讐を優先してしまったのです。

とはいえ、怪獣が多くの人々にとって恐怖の対象でしかないのもまた事実。
パンドラの方に人間をナメてた部分が皆無だったとも思えません。なかなか難しい問題ですね。

ところで藤波さん、猟から手を引くのはいいけど湖に銃を捨てないでください。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード