去り行くもの


秋ということで、いろんな番組がいっせいに最終話を迎えます。次が始まる前に雑感など。
終わってないのの途中経過も含みます。



・キルミンずぅ

最後が少々バタバタし過ぎでしたが、一話完結色が強い作品だったのでこれはこれでアリかなと。
おかげで当初のノリをあまり損なわずにラスト近くまで持っていけたわけですし。

といってもそれ程大きな話にはならなかったんですが、主人公たちが皆よい意味でお子様で
その視点から考えると大冒険だったのかなと思える、そんな雰囲気の作品でした。
ハデさはないけどのんびり見るには向いている、隠れた良作というところです。
キャラデザの可愛らしさに惹かれて見はじめたものですが、おおむね満足。



・けいおん!!

こっちは更に小さくまとまった話ですが、それ以外をネタ抜きで求めてるファンはいますまい。
カゼひいた先生のところに押し掛けるだけ、みたいな話を30分、何が起こるでもなく描き切り、
それが何故か楽しめてしまう、これはまさにアニメノチカラだと思います。

漫画的表現が散見されつつ実は控えめだったり、音楽がさりげなく場面を引き立てていたり
愛らしさと演出と雰囲気を楽しむアニメだと今さらながらに思いました。
間違っても音楽を語るようなものじゃなく、どっちかというと素人のグダグダを味わうものですね。
人間、いい意味で「あるある」を味わうと楽しいものですから。

ただそこにあるだけでいい、ってのはこういうことを言うのかもしれません。



・HEROMAN

絵のわりには素直なプロットの作品でした。

スクラッグ打倒からしばらく中弛みみたいな話が続いたのと、そのせいでテーマ収束が唐突気味となり
今まで特に素振りを出さなかったジョーイが急に悩み出したように見えるのは問題です。
いや君、今までこの所稀に見るぐらいヒーローだったじゃないか。何を悩む必要がある。
あとは最後のアレですね。アレのせいでなんかスッキリ終わった気がしない。
アメリカマネーでちゃんと2期をやってほしいもんです。

なんか問題点ばかりになりましたが、上以外の点では楽しめました。作画も半端なかったし。
個人的にはアイアンマンやハルク、スパイダーマンと共演してほしいなぁ……

後期OPでやたら目立ってた爺さんがスタン・リーだと気づいたのが最終話を見た後だというのは秘密。



・ジュエルペットてぃんくる

終わってませんが途中経過をば。

前半大詰めに提示されたアルマ絡みのお話は、正直かなり微妙でした。後に引っ張ってるし。
悪意に対して疎いということなのでしょうが、先生方の株までなんか下がってる気がします。
あかり以外が蚊帳の外になってしまうのも大問題。大状況キャラの扱いの難しさが露呈した印象ですね。

でも早くから柔和を演出してたのと、あかりが精神的優位に立った上での一時退場なのは救いです。
これがあると無いとでは、27話以降の印象が違ってくるでしょう。



・トランスフォーマーアニメイテッド

大味なようでいて伏線はきっちり撒いて回収しており、でもやっぱり大味だなーと思わされた前半です。
うまく言えないんですが、全体的にやっぱりすごく洋物テイストがします。
絵もそうですが性格とかキャラのやり取りとか、画とか、日本アニメっぽいところもあるけどやっぱり違う。
そのためか、JAMの歌とビミョーに剥離してる気がします。いや、あの歌は好きだけど。

まあそれが本場のTF、ひいては米アニメなので、何をいまさら、ってヤツなんですが。
ヒロインのサリが画ふくめてあんまり可愛く感じないのは、訓練が足りないせいかかもしれません。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード