今週のヒーロータイム

ゴルフでヘボットとキュウレンがお休み。
 
 
仮面ライダーエグゼイド 39話「Goodbye 俺!」

永夢へのニコの謝罪や緋彩の説得を受け入れる大我など、関係の進展が窺えるお話。
パラドの弱気はクロノスに圧倒された際、永夢と共有している記憶が甦ったからみたいですね。
そのパラドを情け容赦なく倒したように見える永夢ですが、無論なにか狙いがあるのでしょう。

そういえば、またラスボス候補っぽい人物がチラ出してましたね。
永夢とまともに戦おうとしないところからみても、正宗にはラスボスを張れそうにないですし。
4クール目間際になってからの新キャラがラスボスというと、何かWを思い出しますな。
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 23話「翔べ!虹色ペガサス、キュアパルフェ!」

シエル=キラリンの切り替えの早さにちょっと笑ってしまったお話。
プリキュアに必要なものは才能、情熱だけでなく、ある意味でのツラの皮の厚さなのかもしれません。
もちろん、他ならぬジュリオが一度は失ったキラキラルを復活させてまで彼女を想ったおかげもありますが。

というか、今回はほとんどそのジュリオ=ピカリオが主役みたいなもんでした。
闇堕ちしてまで姉に八つ当たりしたくせに、その姉には自分に寄り添うより常に光を見てほしいだなんて
とんでもない矛盾です。いわゆるライバルの心境として取ればわからんでもありませんけど。
自分の側に「落ちてきた」姉を超えたところで、意味は無いということですから。
ピカリオにとって姉は太陽であり、手の届かぬ光でなければならなかったのでしょう。めんどくせえ。

そんなジュリオに応え、ついに現れたキュアパルフェ。
華やかに鮮やかに、虹色の光を放って単独でビブリーを制する姉を見たピカリオの心境はいかばかりか。
「アスラン…やっぱ、あんた強いや……」って気持ちだったんでしょうね。

ビブリーに力を与えたりパルフェ誕生を阻止しようとしたり、なにげに働き者なノワール様。
そのノワールから姉を庇ったことにより、ピカリオは消滅してしまいました。
予告とのギャップがひどいですが、余韻の少ないラストと演出からみてまだ何かありそう。

そうそう、EDが変わってましたね。歌も振りも何かますます難しくなっているような。
OPが変わるとしたら来週からかな?
 
 
 
ドラゴンボール超 99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」

見せつけた後にオチが待っていたというお話。
最初の脱落者としてはヤムチャがいない以上、お鉢が回ってくるのは仕方ないでしょうか。
彼を落としたのがフロストというあたり、つくづくあの一族とは悪縁がある模様。
一方18号はスタミナの点で有利なぶん、まだまだ粘りそうです。
それゆえ、逆にどっかであっさり落とされそうな気もしますけど。

少しずつ脱落者が増える中、気になるのはやはり実力上位の選手です。
ヒットは今のところ、まだ悟空やベジータたちを相手にする気が無いようですね。
後の楽しみに取ってあるのか、状況を見極めているのか。
正直、ジレンあたりの噛ませにされそうな予感もビンビンするんですけどね……

次はケール覚醒ですか。果たしてどれほどのイレギュラーになるか。

今週のヒーロータイム

スッキリと迎えるニチアサというのは良いものですね(微二日酔いパターンが多い人)。

 
ヘボット 39話「王妃ナグリ、帰還」

OPにずっと出てたナグリ王妃がようやくお目見え。恐らく作中最強候補ですね。
何かいろいろ彼女には謎がありそうですが……本来はもっと違う人物だったみたいですし。
あと鍛えてるから見た目年取ってないというより、もしや年を取れなくなったのでは……?
アレはジョークではなくてマジだったとか。

外側からの俯瞰によると、地球はマジでヤバい状態らしいです。
本編を見るかぎりまったくそんな感じがしないのですが、どうオチをつける気でしょう。
 
 
 
宇宙戦隊キュウレンジャー 20話「スティンガーVSスコルピオ」

どっちかというとスティンガーVS小太郎といった方が近いかもしれない内容。
小太郎役の田口君が、熱演と素顔の立ち回りで魅せまくります。
彼が持ってきていたチャンプのキュータマにより、スティンガーが一瞬素に戻るのも上手い。

スコルピオはジャークマターに付く前から、少しずつ歪んでいったのですね。
前にスティンガーが小太郎に話してた内容の通りというか、アレは推測やたとえ話じゃなかったと。
スコルピオにとって弟が取るに足りない存在だったというのは、いつからが本音なのでしょう。
このまま終わるとなるとあまりに悲しいのですが、乗り越えてゆかねばならぬのかもしれません。
宇宙を力で支配しようというなら、たとえ親兄弟でも立ち向かわねばならない時もあるでしょうし……

スティンガーが己の弱さを恥じる気持ちや、地球の人々の暴挙を恥じる小太郎から伝わってくるものは
「弱いことは罪ではないが、その弱さに甘んじたり盾に使ってはならない」という命題です。
せめて誇りだけは持ち続けていないと、いつか味方に石を投げることになるのでしょう。

って、決戦も終わってないのに12人め出るの!? 誰やねん!?
 
 
 
仮面ライダーエグゼイド 37話「White knightの覚悟!」

前半はムテキの販促期間。もうパラド抜きでもムテキになれるんですね。
しかし今パラドを消されるのは、状況的に非常にまずいです。クロノスへの対抗手段が無くなる。
パラドは決着つける気まんまんなのに、そのパラドを倒したらダメとはまさにパラドックスですね。

後半はパラド対レガシーの横でスナイプ対グラファイトが展開。
しかし結果はボロ負けで、大我自身も瀕死の重傷です。最近負けが込んできたな……

混迷の中、レーザーの的確なサポートが光る内容でした。この人こんなに頼りになったっけ……
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 21話「なんですと~!? 明かされるシエルの正体!」

いちご山の妖精たちが戻ってきたということで、スイーツパーティが開かれます。
その背後にガミーたちの活躍があったことは、記憶にとどめておくべき慶事でしょう。
ガミーたち自身は、もともといちご山を拠点にしてるってわけじゃないように見えますが。

互いの正体バレは、花火を見てパーティの現場にやってきたシエルと鉢合わせという直球なもの。
シエルの本当の名はキラリン。視聴者ならご存知の通り、もともといちご山の妖精だったわけです。
人間体はやはりいちご山を離れてる間に身につけたのですね。じゃあ長老たちにもわからないわけだ。
修行すると人間体を得られるって理論は、鍛えれば鬼になれますって理論となんか似てますね。

ジュリオがシエルの双子?のきょうだい、ピカリオであることはこれで確定しました。
セリフや演出からみて、彼はやはりシエルに相当のコンプレックスを抱いているようです。
その劣等感をノワールに利用され、憎しみにまで増幅されてしまったのでしょう。
キラリン自身は彼を気にかけているんで、ひとり相撲感がスゴいですけど。

そーいえば、やっとノワールが出て来て喋りましたね。コイツ、一体何者なんでしょう。
こうなるとビブリーの素姓も気になります。彼女も元妖精なのでしょうか、それとも……

パルフェの登場はまだ引っ張るんですね。7月早々に出るものとばかり。
 
 
 
ドラゴンボール超 97話「生き残れ!ついに開幕「力の大会」!!」

EDの挿し変わりとともに、今回からOPもフリーザが入ったバージョンに変更されました。
結局、完全なOP詐欺に終わりましたな……何かモヤモヤします。

さてタイトル通り、ようやく力の大会がスタート。
本編時間で1分しか経っていませんが、早くも脱落者が二人ほど出ています。
脱落者はそのまんまギャラリーになるようですね。その後でなら治療も受けられることでしょう。

とにかく相手を落とせば勝ちなので、気が抜けない戦いです。
乱戦の中でトッポやジレンとの対決を見据える悟空は、あやうく小兵に不覚を取るところでした。
悟飯、亀仙人、ピッコロ、クリリン、天津飯は連携で臨んでるので安定はしてますね。
この状況でフリーザを単独にさせとくのはいろんな意味でまずそうですが……何か起こりそう。

ジレンはいまだ動く気配がありません。
半端なものでは近づくことさえできず、無意識に戦いを避けてるようですね。
コイツが動いたとき、何人の戦士がギャラリーへ叩っ込まれることになるんでしょうか。

今週のヒーロータイム

諸事情あり、視聴が夕方になりました。

 
ヘボット 38話「12体そろったらエライ事になった」

主役と駄キャラがいろんな事情でバトルすることになるという少年ジャンプなお話。
強引な当て字に長々とした解説、死亡確認に「知っているのか雷電!」と、ノリが完全に男塾です。
他の定番ネタも貪欲にぶっ込んでましたが、割とΖガンダムが多めだった印象。

まったく話が進んでないアニメですが、次回はOPにも出てるナグル王妃が戻ってくる模様。
そろそろ大筋をまとめ始めるんですかね。まとまる気がしねーですけど。
 
 
 
宇宙戦隊キュウレンジャー 19話「森の惑星キールの精霊」

リュウコツキュータマを守る精霊、エリスが登場。テンションの上下が激しい濃い人物です。
彼女の口から、今後にかかわりそうな重要な情報も明かされました。
かつての宇宙にも伝説の救世主がいたわけですね。キュータマは彼らの遺産でしょうか。
しかもどうやら一人だけじゃないみたいですし。これからに注目ですね。

アレで終わりかと思ったら、スコルピオがきっちりマーダッコの破片を確保していた模様。
これで三回目くらいの再生でしょーか? キタエリさんの演じ分けが光りますな。
そしてスコルピオは悪辣な手を使い、まんまとリュウコツキュータマを奪取してしまいます。
彼の本質は真にこの極悪非道な姿なのでしょうか? ナーガの言葉が布石にも感じましたが…

で、スティンガー。暴走すんのかと思ったら案の定でした。
しかもアルゴ船のキュータマ残り二つをエサにするという、あまりにリスキーなやり方で。
明後日の方向に突っ走りすぎてます。もはや一周回って二度目の利敵行為ですがな。

兄貴が絡むと何故こうもポンコツになるのか、この男は……
本人も一応この行動を恥じる気持ちはあるのか、キュウレンジャーの装備は置いてゆき
あくまでも個人として動いてるのですけれど、それってさらに不利なのでは……?

色々とアレな彼に今一度冷静さとキュウレンジャーとしての自覚を取り戻させるもの。
それは、やっぱり小太郎の行動かもしれません。待て次回、ですね。
 
 
 
仮面ライダーエグゼイド 36話「完全無敵のGAMER!」

クロノス打破の切り札、ハイパームテキガシャットでエグゼイドが遂に最終フォームへ進化。
こんなものをあの短期間で開発するとは、新黎斗はなんだかんだでやはり天才ってことでしょうか。
そして貴利矢はプレイヤーのデータを取り戻すため、やはり潜入捜査目的で動いていたのですね。
永夢の反応は、貴利矢の真意を知りつつ訣別のセリフを言わねばならない葛藤も込みだったわけか。

しかしこうなると飛彩の立場が無いですね。何かどんどん追い込まれてるし。
そうこうしてる間に今度は大我が戦線離脱しそうなのですけど、映画には出てるんですよね…
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 20話「憧れまぜまぜ!いちかとシエル!」

懲りずにシエルへアプローチを続けるいちか。
いろいろ空気が読めないところもありますが、そのパワーと意気込みは大したものです。
今回のゆかあきは完全な野次馬状態でした。結果的には良かったのですけれど。

そんないちかに対し、シエルも興味を抱きはじめている模様。
どこまでも真っ直ぐに憧れと向き合い、心をありったけ込めて作るいちかのスイーツは
味の凡庸さにかかわらず食べた人を笑顔にし、強いキラキラルを生む力があるようです。
シエルのスイーツは技術もキラキラルを生む力も間違いなく超一流ですが、彼女の感覚では
スイーツの美味しさがキラキラルの量に比例する、というのが常識だったのかもしれません。
言わば、いちかはシエルの常識を打ち破る力を秘めてるってことなのですね。さすが主人公。

次でいよいよパルフェが出るのかと思ったら、ワンクッション置くみたいですね。
シエルが妖精であることは視聴者は知ってますけど、いちか達はまだですし。
おそらくいちか達のこともバレると思うので、それを踏まえた上でのパルフェでしょうか。
ジュリオも出るようですが……
 
 
 
ドラゴンボール超 96話「時はきた! 宇宙の命運をかけ無の界へ!!」

いよいよ力の大会が始まるようです。いやはや、ここまで長かった……
他の宇宙のメンツも、これでほぼ全員がお披露目です。大半が新キャラですな。
もっとも、明らかにモブっぽい方々も多いので何人かはさっそく次回でリタイアしそうですけど。

そんな中、ひときわ強敵感があるのは言うまでもなく第11宇宙の面々です。
もともと彼らは、レベルにおいて大会に出場する宇宙の中では最も高いのですから当然といえば当然。
特に灰色のジレンはトッポ達が全幅の信頼を置くだけあり、恐らく大会最強の戦士でしょう。
あっさりと悟空の背後を取ったあたりからも、その実力は明らかです。
悟空としてはさっそくこのジレンと戦いたいところでしょうけど、そこまでの障害は多そう。

一方、さっそく意気投合?したフリーザとフロストがなにやら悪巧みの気配。
とはいえこの二人の場合、互いにあっさり裏切りそうな気もしますが。

今週のヒーロータイム

ゴルフでテレ朝組が全滅。 
 
 
ドラゴンボール超 95話「最強! 最悪! フリーザ大暴れ!!」

フリーザのさらなるパワーアップと、相変わらずの悪党ぶりが強調されるお話。
刺客たちを一蹴するだけにとどまらず、状況を逆に利用して第9宇宙に取引(というか強請)
を持ちかけるなど、全く油断できない人物です。
まさか破壊神のエネルギーさえも抑え込むとは……まぁ、シドラはビルスより弱そうですけど。
悟空は抑え込めませんでしたが、ブルーにさえなってなかったことは考慮すべきですかね。

やはり本作の悪役No.1はフリーザですね。第9宇宙の面々と比べ、悪の格ってものが違う。
なのにファンには愛されてるんですから、なんとも不思議な人物です。
ケースによってはちょっと変わったことを言ったりやったりしてるだけで可笑しいんですから。
これはシリアスシーンでもなんか可笑しい本シリーズならではの事です。

さて、次はいよいよ灰色のジレンが本格登場みたいですね。
ウィスが言っていた破壊神より強い男とは、やっぱり彼のことなのでしょうか。
第一宇宙あたりには、そういった手合いも割とゴロゴロしてそうな気がしますけど……

今週のヒーロータイム

ちと事情あって投稿時間がズレました。

 
ヘボット 37話「電脳鼠はボキャボットのダメをみるか」

子のボキャボット、ハッカネズミが登場。今度はブレードランナーネタです。
唐突に入ったムラキの「なんて 地球にやさしい アニメだ」がなぜか刺さって爆笑しました。
ついエゴサーチをしてしまうチギルの気持ちはわかりますが、実は全然出てこなかったとか?
でもそれ、変な記事にされてるよりはまだマシなような……

これでエトボキャボットが揃ったので、次回は何かあるようです。
確か彼らはあの姫様に頼まれてネジルたちを手助けしてたような…何かの鍵を握ってそう。
 
 
 
宇宙戦隊キュウレンジャー 18話「緊急出動! スペースヒーロー!」

来週末には公開されるスペーススクワッドを控え、キュウレンジャーとのコラボが描かれています。
キュウレンジャーのあの状況とどう繋げるのかと思ったら、並行世界という直球で来ました。
まあ、ジャークマターなんて設定とまともに両立できるわけないですからね……
となるとキュウレンジャーの世界には、先輩戦隊がいないことになるわけですか。

内容的にはやや強引ながらも、コラボ回として手堅くまとめてきています。
バンはファイヤースクワッド隊長になっていたのですね。経験を積んでいるからなのか、
所々昔のままながらも全体に落ち着きある描写に落ち着いてます。
他のデカ組がほぼウメコ、センちゃん、ボスだけだったのは尺的にやむを得ないところでしょうか。
あの会話も映画につながるネタなのかな?

一方、ラッキーと似た者同士と言われる撃はなんつーかだいぶ脳筋で、誤解されやすそう。
ラッキーと行動してたのがナーガだったのは、アレをやりたかったからなんですね。
キュウレンとしても割とめずらしい取り合わせです。

ところでマーダッコ女史はあれで終わりなんでしょうか。
よしんば復活できたとしても、これ帰れないですよね? このままアリエナイザー化?
 
 
 
仮面ライダーエグゼイド 35話「Partnerを救出せよ!」

レーザーターボは本当に貴利矢でした。しかも操られたりなどはしていないようです。
たった一人の人間に生殺与奪を握られるかもしれないという、異常な状況。
そんなものに手を貸すとは、復活したことで彼の倫理観は麻痺してしまったのでしょうか?

貴利矢が永夢に囁いた言葉と、その後の永夢の過剰な反応が気になります。
乗せられているのか、それとも乗っているのか……
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 19話「天才パティシエ! キラ星シエル!

のっけからシエルが正体をバラして引っくり返りました。隠す気ゼロだこれー!
OPにずーっと出ていたあの妖精はやはりというか、シエルだったんですね。
あれ、ってことは長老やペコリンとは面識があるのか。まだ対面したことはないはずですが。
ペコリン達も気付いてないとなると、シエルとしての姿は里の外に出た後で身に付けたってことに?

こうなると、回想シーンでシエルを思い出してたジュリオも元は妖精であった可能性が高まってきました。
あんなことになった理由が、パルフェの登場及び販促期間中に語られたりするのでしょうか。
ゆかりさんとの会話からすると、シエルのほうがお姉さんなのですかね?
姉とのあまりの才能の差に嫉妬を抱いたところを付け込まれたとか、情けない理由でないといいけど。

そういえばビブリーも、幸せそうにしている誰かを見ると腹が立つと言ってましたっけ。
お人形相手に腹話術をしている様はキャラが立ってますけど、冷静に考えるとかなりイタいです。
かつては孤独で人形しか遊び相手がおらず、その弱さと寂しさを攻撃に変えているように見えます。
だからこそ、彼女はノワールを慕っているのかもしれません。自分を拾ってくれたから、だけでなく
鬱憤を晴らす力を与えてくれたから、という限りなく悲しい理由で。
 
 
 
ドラゴンボール超 94話「悪の帝王復活! 出迎える謎の刺客たち!?」

続々と集まる第七宇宙の戦士たち。
そんなさなか、第4宇宙のキテラが発案した謀略によってフリーザが襲撃される事態に。
話を持ちかけられた第9宇宙はレベル最下位。一方、キテラの宇宙はシャンパのすぐ上。
互いに得なようでいて、キテラの方が有利になる策ですね。
彼からするといちばん弱い相手が残って、それより強い相手が減ることになるのですから。

で、復活したフリーザはさっそく悟空と一触即発になります。
さすがに悟空もこの男とだけは、本心からの仲間にはなれそうもありませんか。
戦いとなると互いに通じるところはありそうなのですが、それだけという感じだし。
刺客たちは時間稼ぎができれば勝ちですが、瞬間移動があるのでそれも難しそう。

一方で、17号の島でも何やら一悶着ありそうです。
悟天、トランクスにマーロンを交えた幕間話も入るのかな。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード