希望の絆! ハルとガイアモン!!

★あらすじ

ついにアプリアライズし、現実の世界に現れたリヴァイアサン。
その力は、周囲の人々を次々とデータ化してゆきます。
アプリドライヴの力で難を逃れたエリ、虎次郎、レイとバディ達はこれを止めようとしますが、
デウスモンの卑劣な戦法の前に行く手を阻まれてしまいます。

そこでレイの一計により、ハデスモンが敵の攻撃に間隙を作ることで攻勢へ転じます。
かくて再びデウスモンを追い詰めるのですが、何とそのデウスモンをリヴァイアサンが捕食。
抵抗むなしく、ポセイドモンたちも続けてリヴァイアサンに飲み込まれてしまいました。
神アプモンたちを取り込んだリヴァイアサンの多頭には、不気味なシグナルが浮かび……

一方、ハルは全てを取り戻すため遂にバディを神アプモン、ガイアモンへ進化させました。
試すかのようにリブートモンをけしかけるYJ-14でしたが、逆に圧倒される流れとなります。
戦いは一気に現実世界へと至り、ハルも仲間たちと合流を果たしました。

ところがその直後、リブートモンもろともガイアモンまでが飲み込まれてしまいます。
皆が途方に暮れる中、しかしハルだけはまだ希望を失ってはいませんでした。
敢えて渦中に飛び込む形となったガイアモンの、ガッチモンの真意とは……?
 
 
 
★全体印象

50話です。
リヴァイアサンの狙いがいよいよ明確化する一方、最後の神アプモンであるガイアモンが登場し
お話的にはいよいよクライマックスに突入してゆきます。

ただしガイアモンは格闘オンリーで戦っており、必殺技の類はまだ出していません。
ちゃんと使うのは次回後半か、または最終話になるでしょうか。
予告を見るに神アプモンのデータを取られた? だけで彼ら自身は無事なので、ここからですね。

しかしながら流れ的にはちょくちょくおかしなところがあり、割と細かいツッコミどころが多いです。
詳しくは個別項目で。
 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル
 
 なんか一足飛びに最終レベルへ至ったような印象。
 必ずしも成長しないといけないわけじゃないんですが、そのためには主にメンタルが最初から完成しており
 「コイツは良い意味で変わる必要がないんだな」と思わせるだけの説得力が必要です。
 クロスウォーズのタイキなどはその最も良い例でしょうか。実はタギルもですけど。

 ハルの弱点は成長型なのか完成型なのか、それすらもあやふやな所かもしれません。
 リブートモンを前にしても一歩も引かぬ姿は絵面だけなら頼もしいのですが、その裏付けが足りない……
 彼という人物を形成する上において、勇仁の存在へ依存しすぎたのが原因でしょうか。

 このあたりはいずれ、最終話にでも総括しようかと思っています。
 
 
 
・ガイアモン
 
 ガッチモンが神アプモンに進化した姿。
 ハデスモン以上に白が主張するカラーリングで、かつ赤色が目立つように配置されています。
 シルエットはスサノオモン、パッと見の色印象ではシャイングレイモンを思い出させますね。
 ハルが胸の前に来たとき、デザイン的に一瞬そのまんまフェードインするのかと思ってしまいました。
 それじゃテイマーズですけど。

 上述の通り、必殺技の類は使っておらず格闘のみでリブートモンに向かっています。
 しかしながら破壊力は凄まじいものがあり、パンチ一発だけでリブートモンが隔壁を何層もブチ抜き
 それでも止まらずに壁へ叩きつけられるほどのパワーを見せつけています。
 その後もリブートモンを滅多打ちにし、ARフィールドを突き破って現実世界に飛び出しました。
 神アプモンの強大さは今まで随所で示されてきましたが、その中でも一線を画する強さかもしれません。

 …なのですが、リヴァイアサンと対峙した際には2コマ漫画みたいな流れで飲み込まれています。
 もちろん何か狙いがあってのことなのは確実なんですけど、手前にあんだけ大見得切っといてアレだと
 見てるほうは相当ズッコケざるを得ません。ワザとやってんのかってくらいに締まらない流れ。
 タイトルの割にいまひとつハルと会話せず、ガッチモンとしては一度も出てきてなかったりするし…

 あとこれは個人的な意見ですが、進化前の段階でYJに名前を呼ばせちゃったのはアウトでしょう。
 そりゃ大抵のことは把握してるのかもしれませんけど、茶番感が半端なくプラスされてしまいます。
 頼むから空気を読んでくれ。
 
 
 
・エリ組、虎次郎組、レイ組

 一度はリヴァイアサンに取り込まれそうになるものの、アプリドライヴの守護で難を逃れています。
 この土壇場で助けてくれたところをみると、ミネルヴァはシロで確定ですかね。
 もう話をこれ以上ややこしくする段階じゃないでしょうし。

 基本的にはエリが惨状を目にして激情にかられるのを含め、前回の繰り返し。
 ただし戦場が現実世界のため、ARフィールドでなら圧倒できていたデウスモンに苦戦を強いられてます。
 パワーがありすぎて全力を出し切れない流れは、セイバーズ33話を思い出しますね。
 あっちはエネルギー攻撃に頼らず、ジオグレイソードによる直接攻撃に切り替えて逆転してましたが。

 苦境を脱すべくハデスモンが囮となってデウスモンの攻撃を空中へ逸らし、その間隙を縫って
 ポセイドモンとウラノスモンが攻撃するという作戦へ切り替え、再度優位へ立っています。
 恐らく、位置関係をコントロールすることで数の優位もあり、もはや必勝の流れだったと思われます。

 が、これを見て「資格あり」と判断したYJ14の報告により、リヴァイアサンが本格活動を始め
 デウスモンを皮切りにポセイドモン、ウラノスモン、ハデスモンと次々に飲み込まれてしまっています。
 彼ら神アプモンのデータは、どうやらリヴァイアサンの糧となるために育成されていたようですね。
 つまり、ここまでの流れも全てヤツの計算通り。

 それがひっくり返されるとしたら、それは次回以降になりそうです。
 
 
 
・はじめ

 今のところはまだ無事です。
 神アプモンの出現こそがリヴァイアサンの狙いだと、いち早く見抜きかけてますね。
 
 
 
・勇仁(YJ14)

 狙い通りにガイアモンが現れ、リブートモンを圧倒していたので上機嫌にしていました。
 そのガイアモンが飲み込まれた際には、ハルにはもう何もできないだろうと呟いています。
 冷徹、冷血なようでいて、今もなおハルにこだわってますね。

 立場的にはリブートモンどころかデウスモンよりも上位、事実上の敵陣営No.2にしか見えません。
 星の数ほどいる人型端末の一体にすぎないかと思ってたら、そんなレベルをはるかに超えてました。
 これ、もしかすっと彼自身が最終的にリヴァイアサンそのものになるのでは…?

 というか、むしろ最初っからそれで良かった気すらしますな。
 デウスモンが取り込まれるくだりでは、もはや完全にリヴァイアサン自身の代弁者でしたし。
 いつまで経ってもあまり崩れてくれないので、せっかくの進化に水をさしてる気が……
 
 
 
・リブートモン

 ガイアモンの噛ませ。
 バトルではほとんど良いところがなく、一方的にタコ殴りされるままになってしまってます。
 明らかに迷いを抱いていたので、気合の差はあるにしても明らかにやられ過ぎ。
 最終的にはガイアモンを羽交い締めにした状態で、そのまま一緒にリヴァイアサンに飲み込まれました。

 立ち位置がふわっとしたまんま流れでポンと出てきたうえ、強さもほとんど示してないので
 それがガイアモンに圧倒されただけでなぜ珍しくYJ14にリアクションを取らせる流れになったのか、
 どうにも納得がいかなかったりします。おかげでガイアモンの強さまで曖昧になってくるという。

 で、結局オフモンはどーゆーポジションなんすか? どこまで知ってたんすか?
 せめて次回ではなんか言ってください。お願いします。

 あ、そーいえば片割れのブートモンはどうなるんでしょう。オンモンとして出てくるのかな?
 
 
 
・デウスモン

 ポセイドモンたちの当て馬。
 リヴァイアサン復活のためのデータ集めと邪魔者の排除、そして神アプモンが現れた際には
 その力をテストするというのが役割の全貌だったようです。
 どう見ても、当の本人がそのことを意識していたよーには見えなかったのですが。
 結局どういう心算でリヴァイアサンの下についてたんだ、コイツ…

 まあ無理矢理に解釈するなら、彼はリヴァイアサンによって作られた存在なのでしょう。
 つまり最初の神アプモンです。ダンテモンはその失敗作だったんじゃないでしょうかね。
 というより、ダンテモンの自我が強すぎて反逆されてしまったのかも。
 とりあえず忠誠度がカンストしてるように見えるんで、そこを改良した存在なのかもしれません。

 さて前回からこっち株を下げる行動しかしてないコイツですが、今回がまたさらにヒドいです。
 ポセイドモンが自らの体を盾に街を守ったのを見て味をしめ、わざと市街地を狙い始めるくだりは
 仮にも神アプモンでありながら、目を覆わんばかりのセコさ。小さい、小さすぎるぞ自称全能!
 虚勢でもいいから、我が負けるはずがないと正面切って向かってきたらいかがです。分身はどうした。

 最後は小物ゼリフの役満みたいな言動を遂げたのち、リヴァイアサンに吸い込まれて退場しました。
 お前はピコデビモンか。中の人はヴァンデモンだけど。
 
 
 
・リヴァイアサン

 前回の流れを完全無視した人。

 多頭から発せられる波動を受けた人間は、体の一部に「L」の刻印があらわれます。
 リヴァイアサンにとってのマーキング、もしくは識別タグを内包したものでしょうか。
 この状態に陥るとリヴァイアサンの意思ひとつでデータ化され、その体内に取り込まれてしまいます。
 アプリドライヴならこの影響を遮断できるので、エリたちはデータ化を免れていました。
 あるいは、素のアプリドライヴだと防ぎ切れないのかもしれませんが。

 また、どうやら神アプモンを自らの進化のための血肉として利用しようとしています。
 完全復活、ないし最大顕現にあたってYJ14などあらゆる材料を使い、そのための準備をしてたのですね。
 はじめを捕まえてブートモンを作らせたのも、あくまでその一環でしかなかったというわけだ。

 しかしながら前回の印象と異なり、饒舌さはほとんどありません。
 神アプモンを取り込んだ際、一言二言喋るだけにとどまっています。装置感がものすごい。
 おかげで流れがますます勇仁に傾きそうなのですが、次回で少しは類推材料が増えてくれるのでしょうか。
 
 
 
★次回予告

 さすがにえらいことになってます。
 土壇場なのに、憧れのヒロインらしいことを特にしないまま一時退場しそうな亜衣ちゃんが不憫でなりません。
 

奇跡の最終進化!  神アプモン降臨!

★あらすじ

デウスモンによって連れ去られ、次々とデータ化されてゆく人々。
そのデータは全て、リブートモンによってヴァイアサン再起動のための糧にされていました。
これこそが、人類アプリ化計画の正体だと言うのでしょうか。

義憤に震えるエリ、虎次郎、レイはバディを神アプリアライズに至らせて立ち向かいます。
現れたポセイドモン、ウラノスモン、ハデスモンの三体の力もまた圧倒的でした。
戦いはディープウェブを貫き、ARフィールドにまで至ります。

一方、いまだショックから立ち直れないハル。
その許に突如勇仁が現れ、なぜか神アプモンへの進化を迫ってきます。
折れた心のまま、ついには逃げることも放棄しそうになるハルでしたが、ガッチモンの激励や
勇仁にもまだ何かが残っていることを直感し、ついに戦う決意を固めます。

しかし同時に、卵のデータをコンプリートさせてリヴァイアサンが現界してしまいました。
異様な巨体のリヴァイアサンはドライヴァーたちを「選ばれし子供」と呼びはじめ……
 
 
 
★全体印象

49話です。
神アプモン同士の激闘と、ハルの葛藤がメイン。
勇仁は冷酷に振舞いつつ、どうやらハルを神アプモンへ誘導していたように見えます。

つまりこれ、全部リヴァイアサンの目論見どおりってことになりますね。
詳しくは後述しますが、1話の「仕組まれた出逢い」ってのはそういうことなのかも。
ここに至っても具体的に現れないミネルヴァのことも疑ってしまいそうです。前から疑ってたけど。
ただ、リヴァイアサンが「再起動」してるのは気になるのですが……

バトルは満を待してという感じで、さすがに迫力があります。
グローブモンVSカリスモンを演出した田中演出が、その本領を発揮した印象。
画面は金ピカですが、デザインの差別化もあって単調な画面にはなっていません。
人物作画も普段よりちょっと濃いめなような。
 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル
 
 特に抜きん出たところはないけど、仲の良い友人と一緒に普通の学校生活を送り、
 普通に社会に出て、普通に歳を取ってゆく。
 それは普段忘れかけているだけで、とても幸運で幸福なことです。

 ひょっとしたら、彼はただそれだけで満足だったのかもしれません。
 やりたいことが見つからなくても、特別な何かがなくても、ただ毎日を懸命に楽しく過ごせれば
 それだけでよくて、ただ少し物語の中のような冒険がしたかっただけなのだと思いました。

 だけれど、それだけで本当にいいのかと叫ぶ部分も彼の中には確かにあって。
 本当に大事な時、この先後悔しないで生きてゆけるかどうかの瀬戸際。
 そこで決断を下せるのは自分だけなのです。なぜなら、人は生まれた時から人生の主人公なのですから。

 主人公とは、どんな絶望にも負けずに抗うことができる者。
 そして同時に、自分の意思で自分のやりたいことを決断することができる者のことです。
 エリや虎次郎、レイがその資格を得ていたのだとすれば、彼もまたついにその資格を得たのかもしれず。

 そしてそんな強い意思を持った人間をこそ、リヴァイアサンが求める者だとすれば……
 
 
 
・ガッチモン
 
 自暴自棄に陥りかけたハルを懸命に支え、彼が自分を取り戻すキッカケを作りました。
 何かを求めていない人間のところには存在していられない、と語っています。新設定か、言葉の綾か。
 ハルが心のうちで叫び続けている渇望を、アプモンとしての本能で察知していたのかもしれません。
 今持っているこの無限大とも言える可能性を、大きく花開かせる何かを掴み取りたいと言う願いに。

 しかし、まずは全てを取り戻してから。
 勇仁が何者であろうと取り戻す──その決意を固めたハルとともに、大地の神が目覚めようとしています。
 
 
 
・エリ
 
 デウスモンへ啖呵を切り、ドカモンをポセイドモンに進化させました。
 吸い込まれる人々を目にした前後の涙は恐怖だけでなく、彼女の優しさのあらわれでもあります。
 バディの強さを見て思わず崖上でドヤるという、上から目線キャラかつお茶目な側面も完備。
 
 
 
・ポセイドモン
 
 オウジャモンがさらに進化した神アプモン。「無敵」の能力を持っています。お前は何を言ってるんだ。
 しかし実力はその肩書きに見合ったものがあり、デウスモンの雷撃を張り手一発で防いだばかりか
 必殺技さえも押さえ込んでしまうレベルで、無敵の名に恥じない鉄壁の防御力を見せつけています。
 こうして見るとなるほど、ドカモンの系譜って感じがしますね。

 必殺技のトライデントフォールは、ネットの海を貫いてデウスモンごとARフィールドへ運んでしまう威力。
 浜辺では久々にクックモンが登場しました。店の安否が気遣われます。
 
 
 
・虎次郎

 デウスモンを「超ノれねェヤツ」と断じ、エリやレイと共に神アプモンを出現させて立ち向かっています。
 この土壇場でなにげに「神ノれる」と言う新フレーズも編み出しています。

 スケールの違う彼らドライヴァーが戦いに随伴するため、長方形の移動フィールドが登場しています。
 これが出てきたのはセブンコードバンドからですが、用意されていたのか急遽作られたものか……
 ミネルヴァとて、神アプモンの存在ぐらいは承知していても不思議じゃないのですが。
 
 
 
・ウラノスモン

 エンタモンが進化した神アプモン。「覚醒」の能力を持っています。はあ。
 巨大な腕を備える割には俊敏で、拳の一撃はそれだけでデウスモンの巨体を揺るがせるほどです。
 必殺技のアストラルイラプションは指からマシンガンのように光波を連射し、敵を打ち砕くというもの。
 一発一発がポルテメロスに匹敵する威力とか、そんな設定がありそう。

 もう一つの技、ハロー・ハローは腕に暴風をまとわせて殴り倒す格闘系の技のようです。
 これによって、一撃のもとにデウスモンの分身を破壊していました。
 
 
 
・レイ

 エリや虎次郎が怒りに燃える一方、相変わらずクールに構えている男。内心かなりムカついてそうですけど。
 現実世界に戻ってきた場面では二人の下敷きになるという、いささか損な役回りをもらっています。
 ある意味じゃご褒美かもしれませんけど、彼にその手の趣味は無い…はず。
 
 
 
・ハデスモン

 リバイブモンが進化した「変化」の能力を持つ神アプモン。
 味方の神アプモンでは唯一、黄金よりも白を主体としたカラーリングを備えています。
 優れた飛行能力を誇り、デウスモンを軽々と抱えて上空から叩き落とすなどパワーにも優れています。

 必殺のメランエクスプロージョンは紫電の柱を発生させ、敵を高々と吹き飛ばす技。
 ディープウェブを貫くその威力に、バディであるレイ自身が驚いています。
 もうひとつの秘技ヘル・カキアは周囲の環境を自在に変化させ、それをもって敵に攻撃します。
 ハッキングの超パワーアップバージョンとでもいいましょうか。
 劇中では分身デウスモンの周囲に突如巨大ビル群を出現させ、その質量で押しつぶしていました。
 
 
 
・はじめ

 拉致された人々のスマホをハッキングして敵の居場所を見つけたり、相変わらず有能です。
 しかし次回ではさらに事態が悪化するので、彼も安全ではなさそう。
 
 
 
・勇仁(YJ14)

 ちょっとだけ「勇仁」になってハルの前に現れてましたが、終盤に初めて予想外の事態を迎えたので
 アレが本当に「勇仁」だったのか、それともYJ14による表層的模倣に過ぎなかったのかはわかりません。
 あの場面が軽くホラーだったのは確かですけれど。
 つうかその服、割と自在に変えられるんですね。便利だな。

 上述の通り、まだ「ハルの親友」としての勇仁が強く残っているようです。
 それについては明らかに予想外だったようで、不可解を口にしていました。
 「勇仁」がやっぱり別人格で抵抗しているのか、それとも本人も知らないうちに「そうなって」いたのか…
 片目だけが「勇仁」のものに戻っている演出はベタながら印象的。

 展望を見せながらも、目論見そのものはうまく運んだと見えて早々に撤退しています。
 それともこれが彼の「ハルを守る」という願いなのでしょうか?
 
 
 
・リブートモン

 ゲーム版ラスボス。
 本編ではデウスモンが集めた人間のデータを使い、リヴァイアサンを再起動させる役割です。
 ブートモンの人格は感じられず、ほぼシャットモンの延長上としての扱い。
 割とさらっと出てきたのですが、前回に続いて明らかに葛藤していますね。
 それでも勇仁のそばにいる理由がある、ということなのでしょうか。

 しかしまさかリヴァイアサンの卵?を呼び出すとは、超重要ポジションですね。
 シャットモンの出現も、ブートモンの誕生も全てはこのためだった…?
 
 
 
・デウスモン

 人々を同時多発的に拉致し、リヴァイアサン再起動のためのデータとして集めていました。
 どうやら、コイツの役割はそれだったようです。相変わらず存在原理がよくわかりませんけど。
 データ化されてゆく人々のさまは、直接的じゃないだけで本作随一のえげつない場面と言えましょう。

 バトルでは三体の神アプモンを相手に、前回と打って変わって苦戦が目立つ扱い。
 自ら分身を生み出して粘るものの、リヴァイアサン出現の段階でその分身もことごとく倒されてしまい
 だいぶ追い詰められていました。いささか小物臭が漂ってきています。

 次回においてもまだまだ粘るみたいですが、このぶんだとよく分からないヤツのまま倒されそう。
 
 
 
・リヴァイアサン

 リブートモンの再起動能力により、ついにその姿を現しました。
 その姿は多頭龍をかたどった要塞のようで、神アプモンをもはるかに凌ぐ巨体を誇っています。
 これが最終形態かどうかはわかりませんが。

 出るやいなや、アプリドライヴァーたちをむしろ賞賛する言葉を放っています。
 これはつまり、ハルたちが神アプモンに到達することをも予想していたということになりますね。
 アルティメット4ですら、神アプモンになるための言わば触媒としか考えていなかったのでしょうか。

 この言葉の意味として真っ先に思いつくのは「選別」です。
 彼?はハルたちの周囲に偶然を装った必然をバラまき、ここまで来るように誘導していたのかもしれません。
 それを成し遂げたときこそ、自分の作る新世界に相応しい者として連れてゆくつもりではないでしょうか。
 「連れてゆく」というのがどーゆー形で行われるか、それはわかりませんけど。

 こうなると、ハルたちに力を貸していたミネルヴァもグル、という自説がますます現実味を増します。
 勇仁がアプリドライヴァーになれたのも、両者の間に約定があるか同一存在だったら何ら不思議じゃないですし。
 アプリドライヴDUOが突然出てきたのも、神アプモン進化のための下準備と考えることができます。

 ただ「再起動」というのが気になるんですよね。過去にシャットダウンしてたことになる。
 ってことは、誰かがリヴァイアサンの能動的アクションを止めたってことです。神グレード封印も恐らくその一環。
 そんなことができるのはミネルヴァぐらいだと思うのですが……

 中の人は速水奨さん。これまたラスボスっぽい人を連れてきましたな。
 攻撃的な外見にそぐわぬ穏やかな語り口はさすがに大ボスっぽい。同時に、ミネルヴァの面影を強く感じます。
 もともとは同一存在だったのだから当たり前ですけど。
 
 
 
★次回予告

 あと3回ですね。
 現段階でこの状況だと、最終話は後日談オンリーにできなくもなさそうな。

起動! 人類アプリ化計画!

★あらすじ

突如として変貌し、チップ化したブートモンをウィルス化してしまう勇仁。
暴走状態になったブートモンにより神グレードのロックが解除され、天からデウスモンが現れます。
エリ、虎次郎、レイが立ち向かいますが、デウスモンの前に手も足も出せません。

これまでの事は全部ウソだったのかと、勇仁──YJ14に詰め寄るハル。
返ってきた答えは、全てが出会いから仕組まれていたという冷酷なものでした。
YJ14は電衛門の孫であるハルを監視するため、リヴァイアサンが送り込んだ存在だったのです。
ハルに近づいて信頼を勝ち取り、最も重要な場面へ居合わせることができるように。

デウスモンの力で場はARフィールドへと移り、その必殺技が表層を崩壊させてゆきます。
サイバー九龍にまで落ち込んだエリたちは力の差に膝を折りかけますが、レイとはじめの解析で
アルティメット4のチップを使えば神アプモンになれることが判明しました。
それぞれの決意を胸に、エリ、虎次郎、レイはデウスモンへ再び立ち向かってゆきます。

その頃、勇仁の正体を知ったハルはひとり放心状態で……
 
 
 
★全体印象

48話です。
勇仁──YJ14についての追加情報と、神アプモンの存在が明かされるお話。
YJ14の運用目的についてはだいたい思ってた通りですね。
シャットモンは一体どこまで承知していたのでしょう?

神グレードについてはなんとも唐突に明かされた感じですが、一番アレなのは
「神グレード!? 極が最終到達じゃなかったの!?」というリアクションが薄いことです。
やばい状況ってのを差し引いても普通に流されすぎていて、なんかこう……

ラストが押し迫る中とはいえ、その神アプモンにあっさりなる流れなのもアレですね。
ロック開放されたから解析してみたらなれましたー、じゃ有り難みがなさすぎです。
戦いに向けてのエリ、虎次郎、レイとはじめのやり取りは悪くないだけになんとも残念。

 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル
 
 涙ながらに勇仁へ説得を試みるも、全く相手にされずにサイバー九龍に振り落とされてしまいます。
 信頼のぶんだけ精神的ダメージが大きいはずなので、復帰にはまだしばらくかかりそう。
 ですが本気で向かい合う覚悟をしない限り、勇仁を取り戻せる可能性はゼロのままです。
 今まさに、彼は主人公としての最後の試練に立ち向かおうとしているのかもしれません。

 ガッチモンはそんなハルに対し、どのような激励を投げるのでしょう。
 ハルが勇仁と向き合えるようになるために、ここが一番大事な場面なのですが。
 
 
 
・エリ組
 
 仲間とともにデウスモンへ戦いを挑むも、手も足も出ず。
 エリは神アプモンのあまりの強さに絶望しかけていましたが、レイの情報で光明を得たことと
 ドカモンの行動で気合を入れ直し、ビューティモンのチップを使って再戦を決意しています。
 拳の王者に美の化身が合わさり、荒々しき神が目覚めようとしています。

 …しかしわかってはいたことですが、アルティメット4が完全にアイテム扱いですね。
 果たしてこれもリヴァイアサンの罠なのか、それともミネルヴァの賭けなのか。
 
 
 
・虎次郎組

 経緯は概ねエリ組と同じ。
 彼らなりのノリで消沈から立ち直り、再戦の決意を固めています。
 娯楽の伝道師に偽装の道化師が合わさって生まれる神は、天空に渦巻く雲の王でしょう。
 この二体からなんであんなのが出てくるのかさっぱりわかりませんけれど。
 
 
 
・レイ組

 居合わせた中では、最も冷静に逆転への一手を模索していた人。
 はじめと共に神アプモンのデータを解析し、進化への道筋を作っていました。
 この兄弟がいなかったらいろいろ詰んでたでしょう。

 戦えないヤツは放っておけとハルに冷徹な意見を吐いてましたが、これも彼なりの優しさかも。
 ついさっきまで大切な友人だった存在と戦えるはずがない。ハルの気持ちは彼にも理解できたはずです。
 はじめを取り戻したばかりとなれば、なおさらのことでしょうね。

 ハックモンはこの土壇場で「どこまでも一緒だ(大意)」とバディ宣言を新たにしています。
 利害の一致で結びついた二人ですが、今はもう互いに無くてはならない存在。
 再生の龍が稀代の医術師と結びついたとき、死をも超える可能性を秘めた神が姿を現すことでしょう。
 
 
 
・はじめ

 居残り組。オペレーターとして外部からドライヴァーたちを支える役どころです。
 別れ際にレイとかわすやり取りは、今回のハイライトのひとつ。
 卵焼きが大きなキーワードでしたね。いっぺん大門ママに弟子入りしてはいかがでしょう。

 ブートモンがああなってしまった以上、彼の現場参戦は非常に難しくなりました。
 可能だとしてもレイが止めそうですが。
 
 
 
・勇仁

 ただひたすら無機的に、淡々とハルの信頼を得るために近づいたことを明かしています。
 ボディはハルの成長に合わせ、少しずつ大きなものを用意していたようですね。
 「鉄腕アトム」の「溶鉱炉の怪人の巻」みたいな設定。
 五年生ぐらいのボディからしか無いってことは、赤ん坊のときの写真が無いってことですね。
 そこらへんも伏線に入れられてたらよかったんですが。

 ポイントは、すべての言動をYJ-14として行なっていることです。
 「勇仁」としては一切しゃべってません。涙を流したときでさえもそうでした。
 涙はプログラム通りのものと言ってましたが、果たして本当にそうなのかどうか。

 「勇仁」としての彼が全てを知っているのか、それとも何も知らないのか。
 そこで随分変わってきそうですけど…予告を見る限り、前者って気もしてきたなぁ。
 ただ、そんな中に予期せぬ何かが生まれて…という展開もありそうではあります。

 ところでその新コスチュームとマントはだいぶどうかと思いますよ。
 
 
 
・シャットモン

 …で、結局キミどこまで承知してたの?
 
 
 
・ブートモン

 YJ-14によって暴走し、神アプモンのグレードを解除してしまいました。
 ラストシーンから見て、以後はシャットモン共々リブートモンとして運用されそうです。
 
 
 
・デウスモン

 神グレード解除に使われた天空の謎の門から現れし、正体不明の神アプモン。
 自らを全能の存在と嘯き、圧倒的なパワーで周囲をARフィールドへ引っ張り込んだ上に
 表層ごと崩壊させるという、常軌を逸した力を見せつけました。
 小技の雷撃だけでも、極アプモンにすらかなりのダメージを与えてきます。

 明確な意思があるようなのですが、なぜこんなのが存在してるのかよくわかりません。
 リヴァイアサンの計画においては、必要に応じての徹底破壊と邪魔者の排除を担っていそうですが
 他にも役割はあるのでしょうか。例えば、他の神アプモンを出現させるための呼び水とか……
 であるなら、まさにドライヴァーたちの出逢いそのものが仕組まれてたことになるのですけど。

 中の人はおなじみの大友龍三郎さん。ヴァンデモン、ケルビモンら歴代ボスキャラ役をつとめた方です。
 この状況でこの方を投入とは、狙ったんですかね。

 
 
 
★次回予告

 神アプモンがゾロゾロと登場。画面が金ピカでえらいことになってます。
 まだ話数があるし、ハルが立ち直るまでかなり引っ張りそう。
 ここはさすがに少しは引っ張ってもらわないと困りますけど。

勇仁の真実

★あらすじ

ついに、ブートモンを確実に捕まえるためのプログラムが完成。
ワトソンの話からブートモンが学校にいると見た一同は、さっそく調査を開始します。
果たしてハルと勇仁がブートモンを探し当てるものの、また逃げられるハメに。

そこでガッチモンがプログラムを打ち込むと、ブートモンの現在位置がわかるようになりました。
エリと虎次郎でもう一度緊急脱出プログラムを起動させれば、ガッチモンのいる場所へ
必ずブートモンが来ると言うわけです。

紆余曲折、予想外に苦労したものの何とかブートモンの緊急脱出を作動させたエリたち。
あとは迎え入れるだけだったのですが、突如として変貌した勇仁がシャットモンを使って攻撃。
ブートモンをチップに変えてしまいます。

驚愕するハルに、「勇仁」は真実を語りはじめました。
大空勇仁という人間は存在しない。自分は対人情報収集用人型端末、YJ-14。
すなわち、人工知能だと──
 
 
 
★全体印象

47話です。
1話から引っ張りに引っ張り抜いた勇仁についての伏線が、ようやくにして回収されたお話。

よもや勇仁が人間ですらなかったとは、正直ちょっと驚きました。
ハルも憶えているあの昔の回想ではまるで別人みたいでしたけど、まさか最初からああだったの?
深読みは後の項に譲りますけど、ハルにとっては最も重い現実になってしまいましたね。

ってかもう次で48話なんですけど、これで本当に収拾つけられるんでしょうか……
勇仁絡みは言わずもがな、まだリヴァイアサンさえまともに出てきていないというのに。
すぐ大状況が始まるみたいだし、戦うべき敵も少ないので着地そのものはできるでしょうけど。
というか、こんなヘビーな話ならせめて4クール目初頭にやるべきだったんじゃ。

最後への溜めを作るため、夏休み中の学校を舞台にした穏やかな画面が目立つ回でもありました。
いかんせん、学校の場面が今までマジにほとんど無かったので取って付けた感も凄いのですが。
 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル組
 
 レイとのあの場面では表に出してないだけで、地味に半ギレだったのだろうなと思います。
 んなわきゃあないだろ、オレらの絆ナメてんなよコラ? 的な。
 わずかに表へ出たものがあるとすれば、それはレイへ一歩踏み出した時の強い歩調ですね。

 というわけで不安を抱きながらも勇仁を信じ切っていたわけですが、それがアダになりました。
 よりによって一番大事な場面で背を向けるという、冷静に見れば大失態モノの行動です。
 その信頼こそがYJ-14の、ひいてはリヴァイアサンの目論見通りだったのですが。

 ガッチモンは今回、ガッチクローでおかえりプログラムを打ち込むシーンが見せ場でした。
 USBからデータを文字通り直接吸い出せるとは、さすがデジタル生命体。
 
 
 
・エリ組
 
 ブートモンを脅かして所謂「おかえりプログラム」を本領発揮させる役割でした。
 たぶんコレが完全発動すれば、何度逃げてもガッチモンのところへ戻ってしまうようになるのでしょう。

 最終的にはブートモンを脅かしたりだまくらかしたりせず、正面からの説得で迎え入れようとします。
 が、その際に見せたエリの笑顔にハートキャッチされたブートモンが衝撃のあまりに緊急脱出。
 全く意図しないままにミッションを成功させています。結果オーライとはまさにこのことでしょう。
 
 
 
・虎次郎組

 エリ組と共にブートモンを驚かそうと色々手を尽くしていましたが、驚き慣れてしまった彼には効果なし。
 最後はエリ組に同調して説得へ転じましたが、決め手は持ってゆかれています。

 ところであの写真、割にとんでもない一件だと思うんですがもう触れられることはないんだろうな。
 
 
 
・レイ組

 一番警戒していながら、一番重要なときそこにいなかった方々。これまた失態と言わざるを得ません。
 レイはともかく、ハックモンの見解についてはハッキリしないままですけどね。

 ここ最近、レイはずっとはじめにくっついたままです。それだけ心配なのでしょう。
 リヴァイアサンがはじめに利用価値をもう見出していないのかどうか、確証が持てなかったでしょうし。
 バディを持たないはじめが万が一捕まって人質にでもされたら、それこそ目も当てられないでしょう。
 せめてブートモンを迎え入れるまでは、との考えだったとは思います。
 もっと言えば、二度と目を離したくなかったのでしょうね。

 でも、それだったらはじめも連れて学校に向かえば済んだ話だったんじゃないでしょうか。
 二人とも部外者ですが、彼らなら潜り込むことぐらい難しくはないでしょう。
 それともすでに向かっていたのかな? うん、きっとそうだ。
 
 
 
・勇仁

 というわけで人間じゃありませんでした。正式名称は対人情報収集用人型端末、YJ-14だそうです。
 YJだから勇仁で、14というのはこの数字に該当する年齢を想定したボディということでしょうか。
 人工知能ということですがアプモンの類ではなく、アンドロイドなのだとか。
 こうなると逆にトンデモ設定に見えてくるのはなぜだ。アプモンの方がよほどトンデモなのに。

 問題はどっからどこまでが勇仁で、どこからがYJ-14かですね。
 個人的にはやっぱりYJ-14が主人格で、勇仁はカモフラージュのために用意した別人格だと思うのですが。
 わずかでもボロが出たりしないよう、こっちは何も知らないんじゃないのかなぁ、と……
 全部知っててアレだったんならちょっと嫌すぎます。

 そして、なぜその彼がアプリドライヴDUOを得たのでしょう。
 その方がハルたちに接近しやすいと考えるとミネルヴァもグルという自説が勢いを増してしまうのですが、
 ミネルヴァが知っていてあえて勇仁にアプリドライヴとオフモンを託したと見ることもできます。
 ハルの知っている勇仁が本当に誰かを守りたいと願うなら、いよいよという時に可能性が残る、と。

 なんでずっとハルの側にいたかと言えば、やっぱり電衛門の孫だから、なんでしょうね。
 電衛門がハルに何かを託す可能性が高いと予測したリヴァイアサンが、監視のために用意したのでしょう。
 そして、あわよくばこれを利用するために。
 アプリドライヴDUOがもともとリヴァイアサンとミネルヴァ、どちらの謹製だったかで変わってきますが。
 でも、人間を信用していないリヴァイアサンがあんなモノを作るかなぁ…

 要は、まだまだ謎だらけということです。
 もし勇仁としての人格が何も知らなかったとしたら、そこまでややこしい事にはならないかもしれません。
 その場合は改心というより、勇仁の意識が覚醒して反逆する展開になると思うので。

 
 
・オフモン→シャットモン

 こちらは明らかに自分を保っています。
 YJ-14の命令を受けて躊躇ったのが、その何よりの証拠。
 「全部知ってたけど黙ってた」か「ついこの間聞かされたけどYJ-14に脅されて黙っていた」とか、
 「よくわかんないけど命令通りにした」などなど、いろんな類推ができます。
 
 ありそうなのは二番目かなぁ。
 ヘタを打ったら勇仁の人格を消す、とかなんとか言われてて、従うしかなかったとか。
 三番目でないことを祈ります。

 
 
・亜衣

 前半にちょっとだけ登場。お化けについては否定派みたいです。
 と言いつつ、いざとなったら怖がって男子をドギマギさせるタイプと見ましたが。
 こんだけ日常に寄せた回を増やすのなら、肝試し回なんかも少し見たかったですね。
 
 
 
・ワトソン

 最近やたらと登板率の上がった男。それだけでも奇跡的です。
 夜の学校に先生同伴で教科書を取りに行った際、PCやモニタが勝手に起動したり
 スマホが勝手に動いたりと行った怪現象を目の当たりにしていました。
 もちろんブートモンの影響ですが…お前、まだ抑えきれてなかったんだな。

 なんだかんだ、お話のキッカケを持ってきてくれる役割ではあるんですよね。
 本当にそれだけなんだけど。
 
 
 
・ブートモン

 最近ちょっぴりスレてきた人物。
 前回まではちょっとしたことに驚いて逃げてしまうほど臆病だったのですが、
 エリと虎次郎を向こうに回す頃には学習し、最初から警戒するようになって驚かなくなりました。

 彼の緊急脱出を作動させたのは、なんとエリの笑顔。
 彼女からもたらされたものは、ブートモンにとって未知の感覚だったに違いありません。
 ここはやはりアイドルパワーの勝利、と表現するべきでしょうか。

 が、表に現れたYJ-14の指令を受けたシャットモンの一撃をくらい、あえなくチップ化。
 敵側の手に落ちることとなってしまいます。全ては、信頼という名の罠……?
 
 
 
★次回予告

 さっそく人類アプリ化計画が発動するようです。
 なんか流れ的には勇仁関連の方がだいぶウェイト大な感じですけれど。
 やはりというか、リブートモンも出るみたいです。シャットモンは誰の差し金で現れた?
 

星空の誓い! アストラ救出大作戦!

★あらすじ

リヴァイアサン絡みの事件で忙しい合間を縫い、日夜アプチューブ配信に勤しむ虎次郎。
そんな彼のもとに、突如として叔父の龍次郎が現れます。
虎次郎の飛鳥家跡取りとしてのあり方に業を煮やした龍次郎は、彼を強引に脱出不可能と言われる修行寺
「亜流火虎寺」へと放り込み、修行をさせ始めてしまいました。

しかし、虎次郎は翌日の配信を諦めてはいませんでした。
いつも病床から見てくれている「ひなりん」のためにも、次の予定である
「ペルセウス座流星群の下で超ノリノリで踊ってみた」だけは何としても配信すると心に決めていたのです。

ミュージモンから一報を受けたハルたちは「アストラ救出大作戦」を敢行。
亜流火虎寺へ潜入し、仲間のアプモンたちの能力を総動員して脱走の手引きを行います。
脱出してゆく虎次郎を見て龍次郎はこれを敢えて追わず、成長のほどを確かめるようでした。

一連のさなか、ハルはレイから通信で不吉な忠告を受けます。
勇仁の経歴にわずかながら改竄の跡があり、しかもそれを行ったのは只者ではないというのです。
リヴァイアサンを倒した後に何をしたいかわからない、と呟く勇仁に、ハルの不安は膨らむばかりで…
 
 
 
★全体印象

46話です。
半分くらいギャグ回であり、かつ恐らくは最後の個人回。
次回でようやく、やっと、ついに、いよいよ勇仁のナゾが明かされるので、その前の決算も兼ねてます。
ナビモン他、サブアプモンたちが目立つ機会もたぶんこれで最後でしょう。

パッと見の印象はとうてい4クール目相当じゃないのですが、勇仁について前フリが行われたり
虎次郎を通じて「今後のこと」へ思いを馳せる場面でその前フリがさらに強調されるなど、
実際には次回への溜めも裏で進行してます。ラストスパート前の最後の箸休め、ってところでしょうか。

脚本は山田由香さん。
作監は一目でまるわかりの直井正博さんです。できたら前回で描いてほしかった気も。
 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル
 
 次回への溜めを作る役割。
 レイから密かに勇仁についての忠告を受け、激しい動揺を見せていました。
 主人公によっては「はぁ? 何言ってんだ、そんなことあるわけないだろ」と半ギレするところですが、
 いろいろ考えるタイプなので真面目に受け取ってしまっているようです。

 非日常に触れるうち、普通の平和な暮らしが大切だと改めて感じるようになったという彼。
 そんな彼のセリフと勇仁のあり方から、リヴァイアサンが推し進める未来の正体が見えてきた気がします。
 
 
 
・エリ
 
 基本的にはその場についてきてるだけですが、端々に虎次郎への思いやりが見て取れます。
 今や彼女にとってはヤンチャな弟みたいなものでしょう。
 
 
 
・虎次郎

 ドリーモン回のおさらいと同時に、終盤へ向けてのまとめみたいな扱いでした。
 基本的には全くブレてないので、実は彼について書くことはあんまり無かったりします。
 どちらかといえば、勇仁についての伏線回収の流れをつくるために抜擢されたような印象。

 あっそうそう、修行着姿もけっこう似合ってたと思いますよ。本人はノれないでしょうけど。
 
 
 
・レイ

 セブンコードバンドを通じ、ハルへ忠告を飛ばしてきました。
 勇仁が仲間入りした頃からずっと意味ありげにしてましたが、その全てにちゃんと意味がありましたね。
 勇仁と特に距離を置いていたのも、明らかになってみれば当然のことだったのです。

 今になって言い出したのは、やはり弟のはじめを取り戻せたことが大きいでしょう。
 はじめが戻ってきたので気持ちに余裕ができ、他へ目を向ける余裕が出てきたのだと思います。
 彼がハルたちと本当に距離を詰めてゆくとしたら、それはこれからなのかもしれません。

 なお、はじめもチラッと登場はしてますが喋ってはいません。
 同じ声のありすも写真のみの登場。今回は水瀬さん自身も呼ばれてないようですね。
 最近プリキュアで忙しいですしねぇ…それ言ったらブートモンもだけど。

 それにしてもこの兄弟、ハックモン共々すっかり秘密基地の常連と化した感があります。
 以前を思うと少し感慨が湧いてきますね。
 
 
 
・勇仁

 ここへ来て、あの赤目バージョンが久々に出てきました。
 1話から引っ張り続けた長い長い伏線が、ようやく明かされる時が近づいてきたようですね。

 実際のところ、彼には「ハルを守る」「ハルの親友」という以外のパーソナルが抜け落ちています。
 今にして思えばそれは、キャラ作りの上で意図的に行われたことだったのかもしれません。
 だから「リヴァイアサンを倒した後、どうしたいのかわからない」という言葉にも違和感がないです。
 本当なら「いや、そうでもないんじゃない?」と言える材料が散りばめられていても良いのですけど、
 彼の場合は本当に何もない感じなんですよね。主人公っぽいとかは言葉で語られているだけ。

 この彼のあり方そのものが、リヴァイアサンに従う人類そのものの縮図なんじゃないかと思われてなりません。
 寿命もない。病気もない。争いもない。競争もない。それは確かに素晴らしいことかもしれません。
 でも、引き換えに人は夢を、情熱を、やりたいことを、なりたいものを失い、絶対的存在の言うがままに
 誰かに与えられた役割を繰り返すだけになってしまうのかもしれません。ただの機械かプログラムのように。
 いえ、実際には寿命すらも握られており、不要と判断されればすぐに消去されてしまうかもしれない。
 なかなかに古典的なディストピアですね。ラビリンスかな?

 ようやく具体的に予想できるようになってきたので書いておきますが、彼はもしかすると
 人類アプリ化計画のテストケースか何かなんじゃないかなと思います。自覚はないと思うけど、
 母親と繋がってるような描写があったし。だとすれば、アルティメット4のとき無事で済んだのも
 リヴァイアサンにとってその時はまだ実験体として必要だったから、となって話が繋がりますね。

 となればやはり、リヴァイアサンが敢えてはじめを逃してハルたちへ計画を知らせたのも
 勇仁をすでに獅子身中の虫として放っているから、と考えることができます。
 ブートモンとの接触が成功したとき、何が起こるのか注目ですね。
 
 
 
・アプモンたち

 終盤手前ということでしょうか、サブアプモンたちの活躍が目立ちました。
 レコモンは撹乱、ドーガモンは脱出補助、ドリーモンは追っ手の鎮圧と、能力を駆使してくれてます。
 また、道案内としてナビモンが救出と脱出の両面で活躍しています。
 相手が人間なので攻撃力に頼れないぶん、得意分野を活かした展開になっていましたね。
 まあ、ロープレモンとペロリモンはあんまり役に立ってませんでしたが。

 一方、バディアプモンたちの活躍はミュージモン以外地味です。
 そのミュージモンもやってることは先導と連絡員だけで、さほど特筆すべきことはしてませんけど。
 強いて言うなら、虎次郎が脱出に意気込んだ動機をバラして皆の感嘆を読んだあたりでしょうか。
 虎次郎的には照れくさいので、自分じゃ言う気がなかったようですし。

 オフモンについては、勇仁の横顔を見て不審とも怯えとも取れる表情を見せてます。
 結局、この二人にアプリドライヴDUOを与えたのは本当にミネルヴァなのでしょうか?
 それとも、ミネルヴァは全てを承知していて…?

 
 
・亜衣

 夏らしくスイカを切ってきたり流星群を見物して感動したり、日常の象徴的な扱いです。
 ただし後者にハルたちは同行しておらず、ワトソンと一緒でしたけど。
 そのワトソンは花火の場面、後ろ姿でワンカット登場したのみです。
 
 
 
・飛鳥龍次郎

 脱出不可能と言われる修行寺「亜流火虎寺(あるかとらじ)」のボスにして、虎次郎の叔父。
 虎次郎パパである龍太郎の弟にあたる人物ですが、体格も何もかも兄とは似ても似つきません。
 昔は兄よりずっと小さくて頼りなげだったのですが、年月が人を変えるという極端な例ですね。

 パッと見、虎次郎の話をまるで聞こうとしない頑迷固陋な人物に見えます。
 実際そーゆーところもあるのでしょうけど、端々で「とばかりも言えない」」とわかりますね。
 カンのいい方なら「脱出に成功したのは過去にたった二人」というセリフでピンと来たことでしょう。

 最後の最後に回想で明かされますが、他ならぬその二人こそが彼と龍太郎なのです。
 しかも、背後では旧亜流火虎寺と思しき建物が思いっきり炎上していました。
 実は彼らも以前に古い因習を打ち破り、新しい何かを成し遂げてきた過去があるのかもしれません。
 古風に見えてwifiやドローンを採用していたり、新しい技術の導入にも積極的ですものね。

 とどのつまり、彼は虎次郎の決心を伝え聞いてこれを試したのでしょう。
 諦めて修行課程を受け入れるなら「その程度のこと」として跡取りに専念してもらうだけのことですし、
 自分のやりたいことをやり抜く気概を見せてくれれば、それはそれで良かったのかもしれません。
 「ゆめゆめ脱出しようなどと思うな」と凄んだのは、実のところフリみたいなもんだったんですね。
 「いいか、押すなよ? 絶対押すなよ?」みたいな。
 
 加えて見るかぎり、あの寺の近辺は動画のためのロケーションにも適していました。
 つまり、脱出することさえできればすぐに最高の動画を撮れる環境が待っていたのです。
 そこまで読んであの寺に連れていったというのは……さすがに考えすぎかなあ。

 でもこの叔父さん、虎次郎の動画をチェックしていないとは一言も言ってないんだよなぁ……
 
 
 
・巻き込まれおじさん

 毎回アプモン騒動に巻き込まれる人。
 今回は別に巻き込まれておらず、亜衣やワトソンが属する一団に混じって流星群を見物してました。
 でもちょっとうるさい。
 
 
 
★次回予告

 よ、ようやく勇仁の秘密が……長かった。本当に長かった……
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード