サイトリニューアル(ほぼ)完了と縮小のお知らせ

サイトリニューアルのほうがほぼ終わりつつあるので、活動主軸をブログとtwitter、およびpixivに移しています。

現在継続中の小説はまだpixivその他へ移管中ですが、サイトの更新は当面停止しております。
誠に勝手ではありますが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いします。

今週の円谷劇場

ウルトラセブン 46話「ダン対セブンの決闘」

伊良湖岬で頻々と起こる怪現象。
防衛軍はひそかにハイドランジャーを送り込み、ウルトラ警備隊もフルハシ、アンヌ、
そしてダンを覆面調査に派遣します。アンヌの私服が一番キマってますな。

ハイドランジャーを操るのはウルトラ警備隊員ではなく、一般の防衛隊退院でした。
この機体が防衛軍の標準装備であることがよくわかる場面であると同時に、
他のウルトラシリーズではなかなか見られないシチュエーションといえます。
モブ機の例に違わず、謎の魚雷によってあえなく轟沈してしまうのですが。

さて、怪しい女を追いかけて灯台にやって来たダンは階段のところでトラップにかかり、
あっさり捕まってしまいます。全てはダンを捕まえるための罠でした。
一見まるで目的の掴めない動きをしていたせいで、まんまと引っかかった形です。
おまけに私服だったので、ウルトラアイを持ってませんでした。なんとウカツな。

一連の仕掛け人は、お揃いの青いスーツに身を固めたサロメ星人。
彼らはダンを自白装置にかけて無理やりセブンの秘密を聞き出し、そのデータを
完成目前のロボット、にせウルトラセブンに組み込んでしまいました。
その力をもってすれば、本物さえ倒せるとフラグ立て豪語されています。

能力テストを兼ねてか、海上に現れるにせウルトラセブン。
ダンはサロメ星人の海底工場に置き去られ、あわや諸共に爆破されるところでしたが
たまたま持ってたライターで拘束具を炙り、自由になった左手で拘束を外して脱出します。
私服だったことがアダにも幸いにもなったケースですね。

岸辺へ泳ぎ着いたダンは、ウルトラアイを取りに行くまでの時間稼ぎとしてアギラを召喚。
しかし、ご主人そっくりのにせウルトラセブンを前にアギラも戸惑ってしまいます。
得意の俊敏さもあまり活かせないまま、一方的にボコられて退場してしまいました。
明確にダウンした様子もカプセルに戻った様子もないので、フェードアウトの形ですね。
出れば役目は果たしているものの、結局本作では人類に認知されないままでした。

その頃すでにキリヤマたちも現地入りしてましたが、彼らの相手はサロメ星人自身。
彼らの保持する偽装クルーザーはその実空陸両用、ホーク1号とも渡り合う性能です。
そのうえ後からにせウルトラセブンが現れ、ホークは海上に叩き落とされてしまいました。
にせウルトラセブンが量産でもされた日には、地球側になすすべは無いということです。

ようやくウルトラアイを確保したダンは、これ以上好きにはさせぬとセブンに変身。
かくてウルトラセブン対ウルトラセブンという、悪夢のような戦いが展開されます。
両者の勝負は一見互角のまま海中へもつれ込み、ややあって海上に大爆発が起こりました。
と、一体だけが海上に現れます。ここで上手いのは、全身を水上へ出してないところ。
このため、どっちが勝ったのか画面だけでは本当にわかりづらくなってます。

もちろん、勝ったのは我らがウルトラセブンの方。
油断したサロメ星人はセブンにとっ捕まり、あっけなく撃滅されてしまいました。
どのような決まり手を迎えたかは不明ですが、所詮ニセモノは本物に勝てないってことですね。

サロメ星人は後に「ウルトラマンゼロvsダークロプスゼロ」でまさかの再登場を実現。
セブンの方でひときわ目立ってた女性副官をモデルとしてか、今度は女性がボスでした。
セブン以外のにせロボットを大量生産してましたが、ダークロプスゼロの反逆に遭うなど
前半は調子いいけど後半はてんでダメという典型を踏んでいました。
本人たちは人間とほぼ変わらない力しかないので、不測の事態にはどうしても弱いんでしょう。

まあもっとも、ダークロプスゼロに関しては相手が悪かったと言うしかありますまい。
おそらくはベリアル本人でさえ手を焼いてほっぽり出していた、曰く付きの存在です。
マイルドに調整された量産型は、その分すっかり弱体化しちゃいましたけどね。

今週のヒーロータイム

 
フルタCMのズレっぷりは見てて毎度ほっこりさせられます。

 
ヘボット 49話「さよならヘボット」

ネジルだらけ。
状況だけはすっごくシリアスなんだけどギャグで全部殴り倒されてます。
なんかいろいろ繋がったけど、繋がったから何なのよってネタも多いですね。
タンクトップ仮面とかお前結局何がしたくてソレやってんだよ。

役割とか何とか、そもそも設定がメタっぽいんですね。
頻繁に出てくるメタ発言は、それ自体が一つの世界観表現だったわけか…

次回でとうとう最終話ですけど、何しでかすつもりだ?
 
 
 
宇宙戦隊キュウレンジャー 30話「ヨッシャ! 奇跡のキュータマ」

出会うはずのない過去と未来が邂逅したことで、新たな力が生まれるお話。
先週からそうじゃないかと思ってましたが、やはりラッキーはオライオンの子孫でしたか。
もっとも、これについては早くからツルギが察していたみたいですが。

というわけで恒例の強化形態、シシレッドオリオンが登場。
その力は空間を自在に操り、嘗めてかかったククルーガが瞬殺されています。
さらに初登場補正ありとはいえ、ドン・アルマゲとタイマンで互角以上なほど強くなりました。
皆の武器を一斉召喚するあたりは、まるでライダーの最終形態です。

しかし戦いの中でオライオンが斃れてしまったので、タイムパラドックスが起こりかけることに。
この作品では、どうやら未来分岐という概念が採用されていないみたいですね。
修正のために長官とチャンプが残ることになってしまいましたが、またそのうち出てきそう。
もっともロボットであるチャンプはともかく、長官もすっごい長生きってオチかもしれませんが。
まあそれだと話がややこしくなるんで、フツーに過去から戻ってくるんでしょうね。

で、やっぱりドン・アルマゲは生きてました。
困りましたね。死なないのは確かに怖いけど、こう何度も倒されてると強いイメージがないぞ。
一応、実力的には現代版の方がだいぶ上みたいですが。
 
 
 
仮面ライダービルド 3話「正義のボーダーライン」

人体実験を繰り返す謎の組織の名が「ファウスト」だと明らかになるお話。
どうやら幻徳がファウストと繋がってるのも間違いないですね。バレバレではあったけど。
果たしてビルドの正体を知っているのか、それとも知っていて泳がせているのか……

鍋島という手がかりを得るも、スマッシュが現れたと知ればそっちを優先する戦兎。
冤罪を晴らすことで頭がいっぱいな龍我は、そのために鍋島の家族を助けようとしてましたが
後から戦兎がただ助けた誰かの感謝だけを報酬に戦っていると気付き、焦る自分を恥じています。
そしてたとえ見返りを求めなくても、助けた誰かが自分から力を貸してくれることもある、と。

まあ戦兎も戦えば戦うほどフルボトルも能力も増えるので、そういう意味での利得はあるんですけどね。
今回登場したのはタカガトリング。デストロン怪人みたいな組み合わせです。
スピードと攻撃範囲に長けており、相手が分身してこようと関係なくその全てを叩き落としてました。

が、新たな幹部クラスと思しき怪人の不意打ちが。毒使いですか。
ビルドの能力に採用されたら主に解毒に使われそう(もはや倒した先の思考)。
 
 
 
キラキラ☆プリキュアアラモード! 32話「キラッと輝け6つの個性! キラキラルクリーマー!」

あまりの急展開とビブリー包囲網にちょっと笑ってしまったお話。

過去のプリキュア、ルミエルに託された6つの個性により、新アイテム・キラキラルクリーマーが登場。
何気に初だった5人+パルフェの必殺技同時展開が通じない相手にも、これならば打ち勝つことができます。
それとも、ルミエルはこの出会いを経験していたからクリスタルを後世へ残したのでしょうか?
うーん、パラドックスだ。

妙に浮世離れしてると思ったら、ビブリーは過去から来た人物だったのですね。
ノワールは場所、時代を問わず、これと見出した人間を闇に染めて配下に加えていたようです。
そのためならマッチポンプも辞さない様子。どうやら本性が見えてきましたね。
これ、ひょっとしてピカリオの時も似たような手を使ったのでは…?
なんか急激に単純な構図になりましたな。

さて、すでにプリキュアたちにとって戦う相手とは見做されなくなっていたビブリー。
新アイテム登場と並行してたんで駆け足になりましたが、どうやらこれでひと段落ですかね。
えらく血色が良くなってイルも消えましたが、これは彼女の新たな第一歩を象徴する絵面。
次回から従業員になってくれるっぽいですけど、スイーツの腕は未知数ですね。
 
 
 
ドラゴンボール超 107話「復讐の「F」! しかけられた狡猾な罠!?」

フロストが暗躍を強め、一時はベジータをも窮地に追い込まれるお話。

最初彼はまず弱ったメンバーから狙うつもりでおり、じっちゃんが狙われたのもその一環ですが
途中で魔封波の有用性に気付き、これを逆利用してベジータを封じ込めてしまいました。
なぜか魔封波返しを使ってましたが、一度見た技は通じないクチですかね。

大ピンチでしたが、じっちゃんがヤムチャのお株を奪うマイクロ操気弾で小ビンを破壊。
おかげでフロストは逃走したものの、マゲッタを退場させることに成功しています。
恩義を感じたのでしょう、じっちゃんにリタイアを勧めるベジータの態度は彼にしちゃ柔和でした。
この二人のマンツーマンなやり取り自体も非常にレアですね。

じっちゃんの戦績は一人で三人を撃破、さらにはエースであるベジータを老獪な策で見事救出。
しかも誰かに落とされることなく舞台を降りる形で脱落と、大活躍でした。
観客席入りした三人の中ではたぶん一番貢献してるでしょう。弟子たちももっと頑張れ。

一方、ジレンが少しずつその実力の一端を見せています。
まだ全貌をさらけ出してはいませんが、それでもなお並みの戦士をはるかに上回る模様。
 

希望の絆! ハルとガイアモン!!

★あらすじ

ついにアプリアライズし、現実の世界に現れたリヴァイアサン。
その力は、周囲の人々を次々とデータ化してゆきます。
アプリドライヴの力で難を逃れたエリ、虎次郎、レイとバディ達はこれを止めようとしますが、
デウスモンの卑劣な戦法の前に行く手を阻まれてしまいます。

そこでレイの一計により、ハデスモンが敵の攻撃に間隙を作ることで攻勢へ転じます。
かくて再びデウスモンを追い詰めるのですが、何とそのデウスモンをリヴァイアサンが捕食。
抵抗むなしく、ポセイドモンたちも続けてリヴァイアサンに飲み込まれてしまいました。
神アプモンたちを取り込んだリヴァイアサンの多頭には、不気味なシグナルが浮かび……

一方、ハルは全てを取り戻すため遂にバディを神アプモン、ガイアモンへ進化させました。
試すかのようにリブートモンをけしかけるYJ-14でしたが、逆に圧倒される流れとなります。
戦いは一気に現実世界へと至り、ハルも仲間たちと合流を果たしました。

ところがその直後、リブートモンもろともガイアモンまでが飲み込まれてしまいます。
皆が途方に暮れる中、しかしハルだけはまだ希望を失ってはいませんでした。
敢えて渦中に飛び込む形となったガイアモンの、ガッチモンの真意とは……?
 
 
 
★全体印象

50話です。
リヴァイアサンの狙いがいよいよ明確化する一方、最後の神アプモンであるガイアモンが登場し
お話的にはいよいよクライマックスに突入してゆきます。

ただしガイアモンは格闘オンリーで戦っており、必殺技の類はまだ出していません。
ちゃんと使うのは次回後半か、または最終話になるでしょうか。
予告を見るに神アプモンのデータを取られた? だけで彼ら自身は無事なので、ここからですね。

しかしながら流れ的にはちょくちょくおかしなところがあり、割と細かいツッコミどころが多いです。
詳しくは個別項目で。
 
 
 
★キャラなど個別総括
 
 
・ハル
 
 なんか一足飛びに最終レベルへ至ったような印象。
 必ずしも成長しないといけないわけじゃないんですが、そのためには主にメンタルが最初から完成しており
 「コイツは良い意味で変わる必要がないんだな」と思わせるだけの説得力が必要です。
 クロスウォーズのタイキなどはその最も良い例でしょうか。実はタギルもですけど。

 ハルの弱点は成長型なのか完成型なのか、それすらもあやふやな所かもしれません。
 リブートモンを前にしても一歩も引かぬ姿は絵面だけなら頼もしいのですが、その裏付けが足りない……
 彼という人物を形成する上において、勇仁の存在へ依存しすぎたのが原因でしょうか。

 このあたりはいずれ、最終話にでも総括しようかと思っています。
 
 
 
・ガイアモン
 
 ガッチモンが神アプモンに進化した姿。
 ハデスモン以上に白が主張するカラーリングで、かつ赤色が目立つように配置されています。
 シルエットはスサノオモン、パッと見の色印象ではシャイングレイモンを思い出させますね。
 ハルが胸の前に来たとき、デザイン的に一瞬そのまんまフェードインするのかと思ってしまいました。
 それじゃテイマーズですけど。

 上述の通り、必殺技の類は使っておらず格闘のみでリブートモンに向かっています。
 しかしながら破壊力は凄まじいものがあり、パンチ一発だけでリブートモンが隔壁を何層もブチ抜き
 それでも止まらずに壁へ叩きつけられるほどのパワーを見せつけています。
 その後もリブートモンを滅多打ちにし、ARフィールドを突き破って現実世界に飛び出しました。
 神アプモンの強大さは今まで随所で示されてきましたが、その中でも一線を画する強さかもしれません。

 …なのですが、リヴァイアサンと対峙した際には2コマ漫画みたいな流れで飲み込まれています。
 もちろん何か狙いがあってのことなのは確実なんですけど、手前にあんだけ大見得切っといてアレだと
 見てるほうは相当ズッコケざるを得ません。ワザとやってんのかってくらいに締まらない流れ。
 タイトルの割にいまひとつハルと会話せず、ガッチモンとしては一度も出てきてなかったりするし…

 あとこれは個人的な意見ですが、進化前の段階でYJに名前を呼ばせちゃったのはアウトでしょう。
 そりゃ大抵のことは把握してるのかもしれませんけど、茶番感が半端なくプラスされてしまいます。
 頼むから空気を読んでくれ。
 
 
 
・エリ組、虎次郎組、レイ組

 一度はリヴァイアサンに取り込まれそうになるものの、アプリドライヴの守護で難を逃れています。
 この土壇場で助けてくれたところをみると、ミネルヴァはシロで確定ですかね。
 もう話をこれ以上ややこしくする段階じゃないでしょうし。

 基本的にはエリが惨状を目にして激情にかられるのを含め、前回の繰り返し。
 ただし戦場が現実世界のため、ARフィールドでなら圧倒できていたデウスモンに苦戦を強いられてます。
 パワーがありすぎて全力を出し切れない流れは、セイバーズ33話を思い出しますね。
 あっちはエネルギー攻撃に頼らず、ジオグレイソードによる直接攻撃に切り替えて逆転してましたが。

 苦境を脱すべくハデスモンが囮となってデウスモンの攻撃を空中へ逸らし、その間隙を縫って
 ポセイドモンとウラノスモンが攻撃するという作戦へ切り替え、再度優位へ立っています。
 恐らく、位置関係をコントロールすることで数の優位もあり、もはや必勝の流れだったと思われます。

 が、これを見て「資格あり」と判断したYJ14の報告により、リヴァイアサンが本格活動を始め
 デウスモンを皮切りにポセイドモン、ウラノスモン、ハデスモンと次々に飲み込まれてしまっています。
 彼ら神アプモンのデータは、どうやらリヴァイアサンの糧となるために育成されていたようですね。
 つまり、ここまでの流れも全てヤツの計算通り。

 それがひっくり返されるとしたら、それは次回以降になりそうです。
 
 
 
・はじめ

 今のところはまだ無事です。
 神アプモンの出現こそがリヴァイアサンの狙いだと、いち早く見抜きかけてますね。
 
 
 
・勇仁(YJ14)

 狙い通りにガイアモンが現れ、リブートモンを圧倒していたので上機嫌にしていました。
 そのガイアモンが飲み込まれた際には、ハルにはもう何もできないだろうと呟いています。
 冷徹、冷血なようでいて、今もなおハルにこだわってますね。

 立場的にはリブートモンどころかデウスモンよりも上位、事実上の敵陣営No.2にしか見えません。
 星の数ほどいる人型端末の一体にすぎないかと思ってたら、そんなレベルをはるかに超えてました。
 これ、もしかすっと彼自身が最終的にリヴァイアサンそのものになるのでは…?

 というか、むしろ最初っからそれで良かった気すらしますな。
 デウスモンが取り込まれるくだりでは、もはや完全にリヴァイアサン自身の代弁者でしたし。
 いつまで経ってもあまり崩れてくれないので、せっかくの進化に水をさしてる気が……
 
 
 
・リブートモン

 ガイアモンの噛ませ。
 バトルではほとんど良いところがなく、一方的にタコ殴りされるままになってしまってます。
 明らかに迷いを抱いていたので、気合の差はあるにしても明らかにやられ過ぎ。
 最終的にはガイアモンを羽交い締めにした状態で、そのまま一緒にリヴァイアサンに飲み込まれました。

 立ち位置がふわっとしたまんま流れでポンと出てきたうえ、強さもほとんど示してないので
 それがガイアモンに圧倒されただけでなぜ珍しくYJ14にリアクションを取らせる流れになったのか、
 どうにも納得がいかなかったりします。おかげでガイアモンの強さまで曖昧になってくるという。

 で、結局オフモンはどーゆーポジションなんすか? どこまで知ってたんすか?
 せめて次回ではなんか言ってください。お願いします。

 あ、そーいえば片割れのブートモンはどうなるんでしょう。オンモンとして出てくるのかな?
 
 
 
・デウスモン

 ポセイドモンたちの当て馬。
 リヴァイアサン復活のためのデータ集めと邪魔者の排除、そして神アプモンが現れた際には
 その力をテストするというのが役割の全貌だったようです。
 どう見ても、当の本人がそのことを意識していたよーには見えなかったのですが。
 結局どういう心算でリヴァイアサンの下についてたんだ、コイツ…

 まあ無理矢理に解釈するなら、彼はリヴァイアサンによって作られた存在なのでしょう。
 つまり最初の神アプモンです。ダンテモンはその失敗作だったんじゃないでしょうかね。
 というより、ダンテモンの自我が強すぎて反逆されてしまったのかも。
 とりあえず忠誠度がカンストしてるように見えるんで、そこを改良した存在なのかもしれません。

 さて前回からこっち株を下げる行動しかしてないコイツですが、今回がまたさらにヒドいです。
 ポセイドモンが自らの体を盾に街を守ったのを見て味をしめ、わざと市街地を狙い始めるくだりは
 仮にも神アプモンでありながら、目を覆わんばかりのセコさ。小さい、小さすぎるぞ自称全能!
 虚勢でもいいから、我が負けるはずがないと正面切って向かってきたらいかがです。分身はどうした。

 最後は小物ゼリフの役満みたいな言動を遂げたのち、リヴァイアサンに吸い込まれて退場しました。
 お前はピコデビモンか。中の人はヴァンデモンだけど。
 
 
 
・リヴァイアサン

 前回の流れを完全無視した人。

 多頭から発せられる波動を受けた人間は、体の一部に「L」の刻印があらわれます。
 リヴァイアサンにとってのマーキング、もしくは識別タグを内包したものでしょうか。
 この状態に陥るとリヴァイアサンの意思ひとつでデータ化され、その体内に取り込まれてしまいます。
 アプリドライヴならこの影響を遮断できるので、エリたちはデータ化を免れていました。
 あるいは、素のアプリドライヴだと防ぎ切れないのかもしれませんが。

 また、どうやら神アプモンを自らの進化のための血肉として利用しようとしています。
 完全復活、ないし最大顕現にあたってYJ14などあらゆる材料を使い、そのための準備をしてたのですね。
 はじめを捕まえてブートモンを作らせたのも、あくまでその一環でしかなかったというわけだ。

 しかしながら前回の印象と異なり、饒舌さはほとんどありません。
 神アプモンを取り込んだ際、一言二言喋るだけにとどまっています。装置感がものすごい。
 おかげで流れがますます勇仁に傾きそうなのですが、次回で少しは類推材料が増えてくれるのでしょうか。
 
 
 
★次回予告

 さすがにえらいことになってます。
 土壇場なのに、憧れのヒロインらしいことを特にしないまま一時退場しそうな亜衣ちゃんが不憫でなりません。
 

今週の円谷劇場

ウルトラセブン 45話「円盤が来た」

旋盤工場で働くアマチュア天文家、福新(フクシン)三郎。
星を眺めるのが大好きな彼は、仕事に支障が出ても懲りずに毎晩望遠鏡を覗く日々。
そんなある日、彼は星空に大量の円盤を見つけます。
慌ててウルトラ警備隊に通報するのですが、隊の調査では特に異常が見当たりません。
ただ、いつもより星が多く見えるだけの夜でした。

あれは見間違いだったのだろうか。
きっとそうだと自分に言い聞かせながら、その日も望遠鏡を覗く三郎。
すると、そこには昨日よりもさらに大量の円盤群が写っているではないですか。
今度はフィルム付きで通報した三郎でしたが、やはり何の異常も無いと言うのです。
これ、動画で撮ったら信じてもらえたかもなぁ。この頃じゃ無理だけど。

この頃、三郎の周辺にはどこか奇妙な少年が出没していました。
なぜか三郎の行き先々に現れる少年は、落ち込んだ彼を自宅に連れてゆきます。
そこは何と、ペロリンガ星人の隠れ家。少年は宇宙人だったのです。
三郎が見たものは見間違いでも何でもなく、星に偽装した大円盤群なのでした。

大胆にも、ペロリンガ星人はウルトラ警備隊に通報するよう自分から言いだします。
言う通りにする三郎でしたが、もはや取り次いでももらえませんでした。
星人は三郎ら優れた観察眼を持つアマチュアを逆に利用し、一層身を隠したのです。

基本的に人嫌いで、失敗ばかりの生活にうんざりしていた三郎。
ペロリンガ星人はそんな彼に目を付け、「星の世界」へ連れてゆこうと持ちかけています。
なんでも、すでに何人もの地球人を連れて行っているのだとか。
…これ、言葉は優しいですけど要するに拉致ですよね……
楽園だと思って連れてってもらったら現実は奴隷生活、なんてことになりそう。

しかしウルトラ警備隊も、この事態を放置していたわけではありません。
アンヌが円盤のトリックを見抜き、また三郎の通信にこれを裏付ける内容があったとわかり
すぐさま迎撃活動が開始されます。光が交錯する幻想的映像の中、戦いが始まりました。
結果はウルトラ警備隊の勝利に終わり、ペロリンガ星人もまたセブンに倒されています。

ペロリンガ星円盤群撃退のキッカケを作ったということで、皆から賞賛される三郎。
しかし、彼は周囲の声を振り切るようにして再び星の世界へ没頭してゆきました。
どんな事態が待っていようとも、一度でいいから星の世界へ行きたかったのかもしれません。

セブン最後の実相寺監督作品です。
「第四惑星の悪夢」よりもさらにセブンの出番が少ない超低予算回ですが、映像は見事。
とりわけ、夜空に揺れるペロリンガ円盤群の美しさは特筆に値するものがあります。
上記の通り、バトルも短いながらインパクトのある演出でカバーしていました。
いつの間にかセブンが出てきてるのはご愛嬌。

ペロリンガ星人が化けてた少年の役は、後にバロム1の白鳥健太郎を演じる高野浩幸さん。
現在は御歳56歳で、役者としてもまだまだ現役だそうです。
プロフィール

大山シュウ

Author:大山シュウ
更新記録や徒然、雑多感想などよしなに上げていきます。

pixiv
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード